Top

Toshiの「ROVER600」と「OLYMPUS PEN」で綴る日々の徒然日記
by backyardgarage
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
謹賀新年!
at 2014-01-01 18:49
大船フラワーセンター
at 2013-07-21 15:07
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-14 01:35
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-13 23:49
すっかりご無沙汰しております..
at 2013-06-16 03:14
タグ
(523)
(218)
(178)
(175)
(159)
(150)
(116)
(86)
(69)
(59)
(58)
(33)
(30)
(23)
(22)
(20)
(18)
(15)
(14)
(14)
(5)
(4)
(4)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
カテゴリ
全体
徒然
MY ROVER620
ファミリー
F1
趣味
カーライフ
オフ・イベント
PHOTO日記
TVウォッチン
映画ウォッチン
ホビー
Music
格闘技
ダイエット
Dear MG MIDGET
記事ランキング
画像一覧
最新のトラックバック
’12 F1ブラジルGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アメリカGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アブダビGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1インドGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1韓国GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1日本GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1シンガポールGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1イタリアGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ベルギーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ハンガリーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
フォロー中のブログ
まぁ,確かに,やっぱり,...
Rover 220 co...
湘南のJOHN LENN...
いいかげんな日記
対抗戦
♪digression♪
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
ブログジャンル
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
タグ:Camera ( 30 ) タグの人気記事
Top▲ |
「OLYMPUS PEN E-P5」ファーストインプレ
「OLYMPUS PEN E-P5」を購入してから何度か写真を撮りに行ってますが、まずは最初に横須賀の観音崎に試し撮りをしに行った時の写真とともにファーストインプレなどを。
e0025695_04149.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」

以前に「OLYMPUS PEN E-P5」登場!のエントリーにも書いた通り、E-P3から進化した魅力的な機能が満載となっております。

一応、再度「E-P5」の機能を大まかにご紹介してみますと
○PENシリーズ初のWi-Fiを内蔵。スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share」と通信することが可能。
○センサーは4/3型Live MOSセンサー 有効画素数1605万画素、総画素数 約1720万画素。
○モニターは3.0型104万ドット、可動式、静電容量方式タッチパネル。
○ミラーレス一眼初の1/8000秒高速メカニカルシャッターを搭載。
○ボディー内蔵式の5軸対応手ぶれ補正機構を搭載。
○ISO感度はLOW(おおよそ100)、200-25600、1/3EVステップまたは1EVステップ
○スーパースポットAF。
○ピーキング機能。
○「アートフィルター」や「フォトストーリー」を搭載。
○2×2ダイヤルコントロール。
○最大約9.0コマ/秒(AF追従時最大約5.0コマ/秒)の高速連写。
○236万ドット、高倍率1.48倍の電子ビューファインダー VF-4。

などなど。
e0025695_195860.jpg
OLYMPUS PEN E-P5 「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」

では、改めて「E-P3」から進化したところを紹介したいと思います。
続きは↓こちら

「OLYMPUS PEN E-P5」のファーストインプレはこちらから~♪
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2013-07-14 01:35 | PHOTO日記
「OLYMPUS PEN E-P5」外観レビュー
またまたご無沙汰してしまいました(^^;;
すっかり夏真っ盛りで猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

報告が遅くなりましたが、予約していた「OLYMPUS PEN E-P5」は無事6月28日の発売日にオリンパスから届きました♪

わたしが購入したのは、17mmの単焦点と天然杢を使ったグリップ装備のプレミアムモデル「17mm F1.8レンズキット プレミアムモデル」
e0025695_22463294.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」


最初はボディだけ単体で購入しようかと思っていましたが、今回設定のある2種のレンズキットには新しく出たエプソン製の電子ビューファインダー「VF-4」がセットになっていて、単体で後から買うことを考えるとかなりお得な値付け。

前回の「OLYMPUS PEN E-P3」は某カメラショップから購入しましたが、今回はオリンパスのオンラインショップでポイント等を最大限利用すると短焦点レンズの「17mm F1.8」と電子ビューファインダー「VF-4」それにキャンペーンでフィルターやフードが貰え、なんだかんだ計算すると、ボディーが2万円くらいで買えちゃう位の計算になるうえに更には通常1年の保証が3年に延長され、分割手数料も無料という、メチャクチャお得に購入できることを知り、迷わずにオンラインショップで予約を入れました。

正直なところ、わたし的にはE-P3+VF-2でもそれほど不満はなかったりもしましたが、やはり評判のいいソニーの16MPセンサーにも興味ありましたし、「OM-D E-M5」を見送った理由の一つだったシャッタースピードが最高1/4,000秒からミラーレス初の1/8,000秒になったことが大きな決め手になりました。
それに加え、PENのボディには搭載が難しいと推測されていた5軸手ブレ補正機構が更に流し撮りの際に補正方向を自動的に制御する「IS-AUTO」を新搭載するという力の入れようで、もう自分の中では買わない理由が見つけることが出来ませんでした(^^;;


ってことで、まずは外観レビューを

基本的なボディデザインは歴代PENシリーズの意匠を踏襲した一目でPENと分かるデザインで、「E-P3」のヘアライン仕上げの金属ボディのソリッド感もなかなか渋かったですが、前面のロゴが“OLYMPUS”から”OLYMPUS PEN”に変更され、銀塩のPEN Fを思わせるモチーフと黒の革貼り風デザインで以前のPENと比べるとよりクラシックな外観となり、シルバー塗装の質感も高まって高級感もアップしていますね。
e0025695_23313454.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」


ちなみに「E-P3」には革貼りをしていますので、とても似た雰囲気になっていますが、「E-P5」のボディの黒い部分は革貼りではなく、金属に黒の塗装が施されています。
同じシルバーボディでも「EP-3」のレンズキットにはシルバーのレンズとの組み合わせとなっていましたが、「EP-5」の場合はブラックのレンズとの組み合わせになっております。
どちらかと言うとシルバーボディなんだから今回もシルバーのレンズとの組み合わせの方が好みでしたが、改めて見てみるとブラックレンズとの組み合わせも悪くないかなと・・・

「E-P3」ではグリップを交換できるところが一つの特徴でもありましたが、「E-P5」のブリップにはWi-Fiユニットが組み込まれているそうでグリップは固定式に戻りました。
いろいろなグリップに交換するって楽しみはなくなりましたが、見た目はすっきりしたかなと。

「EP-3」予約キャンペーンの「限定プレミアムオリジナル本木目グリップ」が気に入っていたので、今回の「E-P5」でも天然杢グリップを装着しているプレミアムモデルを選択しましたが、どちらも同じカーリーメイプルの本木目グリップながら「EP-3」予約キャンペーンの「限定プレミアムオリジナル本木目グリップ」の方が「E-P5」の本木目グリップに比べ、木目模様もはっきりしていて色目も好みでしたが、まぁこれはこれで素敵ではないかと思うことにしてます(^^;;

e0025695_23355758.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」


細かいところですと電源スイッチがボタンからレバーに変わった点もクラシカルな雰囲気でいい感じですし、電源オン時にブルーのLEDがちょっと煩わしかったので個人的には好印象です。

重量が若干「E-P3」より重くなっているのでずっしり感があります。
わたしの場合、「E-P3」にはシンプルな革製ストラップを使用してましたが、「E-P5」のストラップにはクラシカルなイメージに合わせて革製の長さ調整可能なちょっとゴツめのストラップを選択したのですが、これが更に重いので両方合わせるとかなりの重量感となってしまいました・・・
ストラップ、見た目はいい感じなんですけどね~(^^;;


長くなりましたので、ファーストインプレや性能などはお次のエントリーで紹介したいと思います。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2013-07-13 23:49 | PHOTO日記
「OLYMPUS PEN E-P5」登場!
ついに「OLYMPUS PEN」シリーズのフラッグシップ「E-P3」の後継機「OLYMPUS PEN E-P5」が正式発表されました。
e0025695_1485942.jpg


基本的なボディデザインは歴代PENシリーズの意匠を踏襲した一目でPENと分かるデザインですが、前面のロゴを“OLYMPUS”から”OLYMPUS PEN”に変更され、銀塩のPEN Fを思わせるモチーフと黒の革貼りで以前のPENと比べるとよりクラシックな外観となりましたね。
「E-P3」のヘアライン仕上げの金属ボディのソリッド感もなかなか渋かったですが、「E-P5」も更に渋くて質感も高まっている感じで魅力的です。
e0025695_1492136.jpg


カラーバリエーションは今回もシルバー、ブラック、ホワイトで、ラインナップはボディーキャップレンズセット(10万円前後) 、17mm F1.8レンズキット(14万円前後)、14-42mmレンズキット(12万円前後)の3種に加え、本木目のグリップを採用した数量限定のプレミアムモデル同3種(+6,000円程度)となっていますが、17mm F1.8と14-42mmレンズキットには約236万ドットの新型外付け電子ビューファインダー「VF-4」(3万3,600円)が付属されてますので、価格は高目の設定になってますが、後からレンズと「VF-4」を単体で購入することを考えるとかなり魅力的なプライスかと。
e0025695_1494354.jpg


噂ではPENにもOM-DのようにEVFが内蔵されるかもとの噂があったものの、結局従来通りPENには外付けEVFとなりましたが、PENにEVF装備を熱望されている方も多いですが、その反面必ずしもEVFを必要としていない人も同じようにいる訳で、EVFを内蔵すればその分価格も高くなりますから、必要な方にはセット販売でリーズナブルにEVFを提供するってのはオリンパスも考えたなと。
どうしてもEVFが内蔵されてなきゃヤダって人にはOM-Dを選択するってこともできる訳ですしね・・・
e0025695_150582.jpg



さてさて、今回の「OLYMPUS PEN E-P5」ですが、予想以上に中身も進化しての登場となりましたね~

詳しい内容はオリンパスのサイトなどを見ていただきたいと思いますが、大まかにご紹介。

「OLYMPUS PEN E-P5」
○PENシリーズ初のWi-Fiを内蔵。スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share」と通信することが可能。
○センサーは4/3型Live MOSセンサー 有効画素数1605万画素、総画素数 約1720万画素。
○モニターは3.0型104万ドット、可動式、静電容量方式タッチパネル。
○ミラーレス一眼初の1/8000秒高速メカニカルシャッターを搭載。
○ボディー内蔵式の5軸対応手ぶれ補正機構を搭載。
○ISO感度はLOW(おおよそ100)、200-25600、1/3EVステップまたは1EVステップ
○スーパースポットAF。
○ピーキング機能。
○「アートフィルター」や「フォトストーリー」を搭載。
○2×2ダイヤルコントロール。
○最大約9.0コマ/秒(AF追従時最大約5.0コマ/秒)の高速連写。
○236万ドット、高倍率1.48倍の電子ビューファインダー VF-4。
e0025695_1504543.jpg



まず嬉しいのは、PENのボディには難しいと言われていた5軸対応手ぶれ補正機構が更に進化して搭載されたことでしょうか、OM-Dと同じくヨー/ピッチ/水平並進/垂直並進/回転の5軸に対して効果を発揮するほか、流し撮りの際に補正方向を自動的に制御する「IS-AUTO」を新搭載したそうです。
効果は最大5段分でシャッターボタンの半押しの際に「半押し中手ぶれ補正」でファインダー内で手ぶれ補正効果を確認できるのは嬉しいですね。

そして、これも以前ブログで熱望していたしたが、ついにミラーレス初のシャッタースピードが最高で1/8000秒までとなりました。
更にはISO100相当の低感度設定の復活(E-PL1にはISO100の設定がありましたが、シャッタースピードは1/2000でした)も嬉しいですね~
マイクロのレンズは明るい単焦点レンズが多いのですが、従来の 1/4000秒では、日中に開放で撮ることができませんでしたが、これでレンズの魅力や性能も発揮できるようになりますし、高速に移動する被写体の撮影にも優位になるのは嬉しいです。

「FAST AFシステム」は更にセンサーと演算処理の高速化による強化が施され、更にAFが早くなったようですが、それよりも位相差AFのAFポイントよりも小さな範囲を選択できる「スーパースポットAF」や35点フルエリアAFでもAFターゲットサイズを小さくできる「スモールAFターゲット」、フォーカスピーキングも搭載しているのも「E-P3」ではAFポイントが大きく、小さなポイントだとAFが後ろに抜けてしまいなかなかAFを合わせるのに苦労することもあったので密かに嬉しい改良です。

背面液晶は上下にチルト(上80度、下50度)する3型/104万画素タッチパネルになりました。最近はEVFを使っているのであまり液晶での撮影はしませんが、高い位置や低い位置などの撮影ではチルトは助かりますね。
ちなみにE-P3のパネルはの有機ELでしたが、液晶に変更されてますね。

そして、Wi-Fi機能を搭載し、スマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share」を利用することで撮影した写真をスマートフォンへ転送したり、リモート撮影も行えるようで、Wi-Fiの接続はカメラの液晶画面に表示されたQRコードを読み込むことで簡単に接続できるようです。
また、アートフィルターは全12種類の7種類のアートエフェクトで新しいフィルターは追加されませんでしたが、組写真作成機能「フォトストーリー」なるものが追加されているようです。

ちなみに今回の新しいPENのキャラクターももちろん、あおいちゃんです~♪


OM-D~E-PL5でセンサーも変わりましたし、E-P3からかなりの進化があったので、今回のE-P5はOM-D~E-PL5とほぼ同等の性能かと思っていましたので、正直ここまで撮影機能を進化させてくるとはホント、驚きです。

いや~待った甲斐があったってもんですね♪
ってことで、「OLYMPUS PEN E-P5」17mm F1.8レンズキット、プレミアムモデル逝かしてもらいま~す♪♪
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2013-05-12 01:54 | PHOTO日記
OLYMPUS 「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」ファーストインプレ
前回は「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」をご紹介させていただきましたが、改めまして初撮りファーストインプレッションです。
e0025695_21212224.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」

レンズの入荷が遅くて、桜の時期にはちょっと間に合いませんでしたが、今回は「くりはま花の国」でいろいろな花を撮ってきました。
シャーレーポピーにはまだ早かったですが、アイスランドポピーやネモフィラ、チューリップなどを撮る事ができましたので、軽くレビューを。

ちなみに前回のエントリーにも書きましたが、全て手振れ補正オフとなっておりますので、あしからず(^^;;
e0025695_21222825.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」

e0025695_21335035.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」

e0025695_2134897.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」

「M.ZD 60mm F2.8 Macro」ファーストインプレの続きはこちらから~♪
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2013-04-29 22:20 | PHOTO日記
M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
世間はGW真っ只中ですね~

わたしは毎年のことですが、カレンダー通り+休日出勤もあるので、相変わらず今年もゴールデンな気分はほとんどないのが寂しいところです(^^;;

さてさて、ブログ更新もすっかり滞ってますが、先日、やっと60mmマクロを使うことができましたので、恒例のファーストインプレッションなんぞをしたいと思いますが、その前にレンズの外見インプレ。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」はマイクロフォーサーズレンズでは、初めて等倍撮影に対応した本格的なマクロレンズ。
e0025695_20342212.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」

見た目はOM-Dのキットレンズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」に似た細長いレンズですが、インナーフォーカスでレンズの長さが変わらないので、撮っていてもそれほど長さは気になりませんでした。
ただ、E-P3との見た目の相性はそれほど良くないですね・・・(^^;;。

そう言えば、先日ちょっとE-P3もちょっとしたイメチェンを狙って革貼りをしてみました。
e0025695_20364447.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」


E-P3のソリッドな金属感も好きだったのですが、黒のレンズの装着率も高くなってきてますんで、そろそろ使用して2年を迎える前にちょっとした気分転換です。
ちなみにこの革貼りは「ジャパンホビーツール」のマットでシボがはっきりしている「ライカタイプⅡ/4008」というタイプをチョイスしてみました。
クラシカルなイメージが強くなって、ちょっと新鮮な感じになったかなと。

ちなみに今回は伸縮式の専用フード「LH-49」も同時購入してみました。
e0025695_2036739.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」


オリンパスのフードは別売りが基本で、しかも価格設定が高めで総じて不評ではありますが、この60マクロ専用にフードはなかなか考えられていて、伸縮式ですっきりレンズに収められるのは好ましいです。・・・金額は置いといてですけどね(^^;;

桜の時期にはちょっと間に合いませんでしたが、今回は「くりはま花の国」でいろいろな花を撮ってきましたが、レビュー前にちょっとご報告(^^;;

実は本日、「横須賀しょうぶ園」で見頃を迎えた藤の花を撮ってきたのですが、その写真をチェックしていてあることに気が付きました。
なんと、手振れ補正がオフになっているではあ~りませんか!∑(; ̄□ ̄A

すっかり今まで気が付かなかったのですが、遡って以前撮った写真をチェックしてみたところ、2月に入ってからずっと手振れ補正はオフになっていた事実が判明・・・(>▽<;;

たぶん、1月末に三脚で写真を撮った際に手振れ補正をオフにしてそのままだった可能性が強いです(;´Д`A ```
ってことで、ブログにアップしている2月~の画像は全て手振れ補正なしで撮った写真ってことになりますが、意外に昼間なら手振れ補正がなくってもいけるんじゃんと・・・ヾ(;´▽`A``

まぁ、即効手振れ補正をオンにしましたけどねww


それはそうと5月の上旬にいよいよオリンパス・ペンの後継機「E-P5」が登場するようですね~
E-P5がOM-D/E-M5と同じセンサー、同じ画像処理エンジンを採用し、OM-D/E-M5よりもより高速なAFと、より良好な5軸手ブレ補正とWi-Fi機能が搭載されるとの噂なので、超そそられているところです(^^;;
結局、E-P5にはEVFは内蔵されないようですが、エプソン製の236万ドットの新型外付けEVFのVF-4がE-P5と同時に発表されるようですので、こちらも楽しみですね~

E-P5の外観は伝統的なPEN-Fのスタイルからいくらかインスピレーションを得ており、中央に「OLYMPUS PEN」の文字が入って、ボディには革貼りが施されているようで、以前のPENと比べるとよりクラシックな外観となっているそうなので、発表が楽しみです。

長くなってしまったので、60mmマクロのファーストインプは次回お届けしま~す(^^;;
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2013-04-29 21:10 | PHOTO日記
今年の「CP+」は・・・
e0025695_1451193.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」

今週末からカメラと写真の総合展示会「CP+」がパシフイコ横浜で開催されています。

去年はオリンパス「OM-D/E-M5」のお披露目があったので、今年は年末あたりからぼちぼち噂が出始めていた「E-P3 後継機」のお披露目があるんじゃないかと期待していたのですが、残念ながら「CP+」で「E-P3 後継機」のお披露目はないようで、オリンパスからは高級コンパクト「OLYMPUS STYLUS XZ-10」とマイクロフォーサーズ用望遠ズーム「M..ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4. 8-67Ⅱ」の発表とコンデジの新製品くらいですし、各メーカー共に一眼レフやミラーレス機の新製品の発表はなく、いまいち盛り上がりに欠けるので、今年の「CP+」はとりあえず見送りの方向で考えておりますが・・・

どうやら、オリンパスブースに青い布をかぶった「E-P3 後継機」が展示されているようですね~
一応、オリンパスから「E-P3 後継機」が2013年内発売予定と正式にアナウンスがあったのは喜ばしいことではありますが、それ以上の情報がないのは少々残念です・・・。

また、「発売時期は未定だが、2013年において、NEXT- E、NEXT-OM-D、NEXT-PENの技術を取り入れたNEXT-STYLUSのフラッグシップを開発している」との発表もあったようですが、もしかしてこれ(E-P3 後継機も含む)がオリンパスから公式フェイスブックにコメントのあった「何らかの大きな発表をする」ということなのでしょうかねえ~。
何はともあれ、「E-P3 後継機」のみならず、噂のある「OM-Dハイエンド機」、そしてフォーサーズの「E-5後継機」、更には、それらの技術を取り入れた高級コンパクトのフラッグシップ機まで発表予定ってことでしょうから、今年のオリンパスは盛り上がりそうですね~
レンズも含め、魅力的なニューモデルに期待したいところです♪
e0025695_1463221.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」

ちなみに新型PENの噂ですが、デジカメinfoの記事によると、新型のPENにはEVFが内蔵されるはずだとのことで、フォトキナで発表された236万ドットのエプソン製EVFが採用されるのではないかと書かれています。
ただ、EVFの件に関しては裏付けが取れていないソースらしいので微妙なところですが、PENのE-P@シリーズにEVF装備を熱望されている方も多いようですし、「PEN Lite E- PL5」との差別化をするのには有効な手段かと思われますね。
また、同じくEVFを内蔵した「OM-D/E-M5」との差別化もSONYのNEX-7やフジフィルムのXシリーズのような箱型のレンジファインダースタイルならば差別化を図れるので、歓迎する方も多いのではないかと思われます。
ただ、個人的には、EVFを内蔵することで大型化されたり、今まで受け継いできたE- P系のデザインやスタイルが大幅に変わってしまうのが気掛かりだったのですが、「PEN Lite E- PL5」がE-P系のデザインを引き継いだような印象が強かったのもあってか、E-P3の後継機は全面的に新しいデザインになるとの噂もあるようですので、もしそうならばPENらしさを継承しつつも魅力的なデザイン、スタイルで新たなPENワールドを展開してくれることに期待したいですね。
個人的にはどちらかと言うと、OM-DよりPENのスタイルの方が好みですし、より高精細化されたEVFが搭載されるのも大歓迎なのですが、PENの箱型スタイルだと5軸対応手ぶれ補正機能の搭載が難しいようなので、次に買い換えることを考えると、そこが惜しいところであり、悩ましいところなんですよね~

まぁ、買う買わないは別として、E-P3の後継機は「新しい」そして「これまでと異なる」カメラになるとの噂なので、是非とも新型PENならではの今までにはない、新しい魅力満載の機種を期待したいところです。

e0025695_1465866.jpg
          OLYMPUS PEN E-P3 「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」

写真は先日に行った城ヶ島です。
やっぱ、冬の海はメチャ水の透明度は高くて綺麗ですね~
お次は城ヶ島の写真をアップいたします♪
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2013-02-03 01:58 | PHOTO日記
OLYMPUS「ボディキャップレンズBCL-1580」ファーストインプレ
先日、ボディキャップレンズを購入したという報告をいたしましたが、試し撮りに行って来ましたので、軽くインプレなどを。
e0025695_229388.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」



一応、レンズと名がついて、ボディキャップレンズにも「OLYMPUS LENS」と明記されていますが、オリンパスでは、あくまでも交換レンズではなく、カメラアクセサリー類の扱いとなってますね。
なんでもマイクロフォーサーズの規格を満たしていないから「M. ZUIKO DlGITAL」銘としては認められないってことらしいですが、3群3枚のレンズ構成の焦点距離15mm(35mm判換算/30mm相当)画角のれっきとした単焦点広角レンズであります。
ボディキャップレンズの厚みは9ミリで重さは22グラムと、ほんと見た日もボディキャップと変わらないサイズで、その名の通り、レンズキャップだけど実は写真も撮れちゃいますっていう手軽に使えて愉しめる、そういった遊び心のあるコンセプトのレンズがオリンパスから純正品として出てくるってところがまた面白いですね。

e0025695_236776.jpg
       OLYMPUS PEN E-P3 「BODYCAP LENS BCL-1580 15mm F8」

ボディキャップレンズ・ファーストインプレの続きはこちらから~♪
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2013-01-03 12:04 | PHOTO日記
ボディキャップ?クレープレンズ?
以前ブログでオリンパスの「E-PL5/E-PM2」の発表のエントリーに書きましたが、2013年前半に発売予定とアナウンスされていた「M. ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」が予定より早く、今月の21日に発売されました。

オリンパスの17mm単焦点レンズは、お気軽パンケーキレンズ「17mm F2.8」が既にラインナップされておりましたが、今度の17mmは、F1.8という大口径の明るさを実現し、「M. ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2」同様に上質な金属外装とスナップ撮影に最適な「スナップショットフォーカス機構」、AFには高速で静粛な「MSC機構」装備し、高い描写性能を小型サイズに凝縮したハイグレードスナップレンズという位置付けの単焦点レンズに進化しました。
メーカー希望小売価格は62,475円で、実売価格は4.5~ 5万円程度でしょうか、ハイグレードスナップレンズなだけにちょっと高めな設定になっていますが、個人的には「スナップショットフォーカス機構」なんていらないし、プラ外装で構わないので、「45mm F1.8」くらいリーズナブルだったらなと言うのが正直なところです。
ここ最近のオリンパスの単焦点レンズはどれも高評価ですので、この17mmも期待しておりましたが、レビューなどを読む限りでは、45mmF1.8や75mmF1.8のようなシャープさと高い解像感を誰もが感じる分かりやすいレンズではなく、全体的にバランスの取れた柔らかな描写をするレンズのようで、どちらかと言うとツウ好みなのか、微妙に好みが分かれるレンズのようですね。
ちなみにわたしの場合は、パナの20mm F1.7バンケーキがあるので、今のところ「17mm F1.8」の購入は考えていませんが・・・
どちらかと言うとオリンパスのオンラインショップで同価格の「60mm F2.8 macro」の方が、わたし的には断然が欲しいところでして、実はオリのオンラインショップのポイント利用20%OFFキャンペーン、更にEPSON会員に登録して10%OFFクーポンを貰えば30%OFFとなり、なんと!3.5万円程度で購入可能との話を聞きまして、これはもしかしてチャンス!?と思って、早速EPSON会員に登録して10%OFFクーポンをゲットしてからオンラインショップで見積もってみたのですが、考えてみればこの金額を20%もOFFできるポイントを持ってませんですたよ・・・トホホ・・・

まあ、マクロはこの季節じゃあまり活躍する場も少ないので、まだ先でもいいかなと・・・自分に言い聞かせることになりましたが、せっかくの30%OFFチャンス!しかも年内にオンラインショップポイントを使わないと半数以上が期限切れになってしまうので、もったいない・・・とは言え、わたしの持っているポイントを利用できて欲しいものと言ったら、「15mm F8ボディキャップレンズ」くらい。
ただ、オンラインショップで購入する場合、5,250円以下だと送料がかかるので、ポイントを使っても最終的にはそれほどお得じゃなかったりするんだよな~て思いましたが、一応計算してみることに・・・

すると、そこには、なんと!「当商品は、配送料を無料でご注文を承っております。」という文字が!!
もしかして最初からそうだったのかもですが、知りませんでした・・・(^^;;
ってことで、早速見積ってみましたところ、ポイント利用20%OFF+更にEPSON会員10%OFFクーポン利用で、なんと!3,931円というバリュープライス!
日々変動はありますが、カメラのキタムラやビックカメラなんかよりも1,000円位安く、しかも送料無料ですから、買わない手はないでしょう!ってことで勢いで注文しちゃいますた(^^;;
e0025695_2326327.jpg
OLYMPUS PEN E-P3「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」

いや~このボディキャップレンズ、ホントに薄くて軽い!
本物のボディキャップと並べてみてもそれほど変わりませんね~
パンケーキレンズと比べてもかなり薄いですから、クレープレンズとでも言いましょうか(^^;;
e0025695_23532976.jpg
OLYMPUS PEN E-PL1「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」

さてさて、オリンパスでは、このボディキャップレンズは交換レンズではなく、カメラアクセサリー類の扱いとなっておりますが、果たして気になる写りはどうなのでしょうか・・・

実は届いたのが、京都旅行へ行く前日でしたが、さすがにこのレンズで京都の紅葉を撮る度胸はなく、お留守番となりましたが、それから写真を撮りに行く機会がなく、本日やっと試し撮りに行くことができましたので、試し撮りの写真はまた後ほど改めてアップさせていただきます~♪
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2012-12-29 23:58 | PHOTO日記
「OLYMPUSマイクロー眼カメラミニチュアコレクション」
タカラトミーアーツからOLYMPUSのマイクロフォーサーズ機「OM-D E-M5」と「PEN E-P3」の2機種の1/3スケールのミニチュアモデル「OLYMPUSマイクロー眼カメラミニチュアコレクション」がガチャポンで登場。

カメラのミニチュアと言えば、E-PL1を買った2年前にサークルKサンクス限定「アサヒスーパードライ」のキャンペーンの「オリンパスペン歴代ストラップ」を逃し、今年の冬に行った「CP+2012」でも来場記念の「OM-1のミニチュア」も先着順から外れ・・・OM-D発売時の「OM-D&PENユーザー登録キャンペーン」で貰えたOM及びPENの「レンズ交換式限定ミニチュア携帯ストラップ」を指をくわえて見ていたわたしとしては、今回はどうしてもゲットせねば!ってことで、早速、いつも買い物に行くデパートやショッピングセンターなどのガチャポンが置いてあるを探して、ゲットしてきました!
e0025695_22451735.jpg
OLYMPUS PEN E-P3「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」

バリエーションはボディカラーとレンズの組み合わせで全6種となっています。
「OLYMPUS PEN E-P3(White)+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」
「OLYMPUS PEN E-P3(Black)+M ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」
「OLYMPUS PEN E-P3(Silver)+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」

「OLYMPUS OM-D E-M5(Black)+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3,5-6.3 EZ」
「OLYMPUS OM-D E-M5(Black)+M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2,8」
「OLYMPUS OM-D E-M5(Silver)+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3,5-6.3 EZ」

とりあえず、シルバーのPEN E-P3とOM-D E-M5が出ればそこで終わりにするつもりでいたので、コンプするつもりはなかったのですが・・・
欲しいその2種がなかなか出ず・・・どうせならコンプしてしまえと(^^;;
e0025695_22485473.jpg
OLYMPUS PEN E-P3「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」

コンプは全部で6種類ですが、ボディとレンズは組み換えが可能なので、ボディが5種、レンズが3種類で、レンズの組み合わせによっては、実は最多で15パターン作れることになりますね。
もちろん、わたしはそこまで揃えるつもりはありませんでしたが、どうせなら既存の6種コンプの他にOM-D E-M5のシルバーボディに「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」のシルバーレンズの組み合わせを作りたかったのですが、やはりシルバーのE-P3、E-M5がなかなか出なくて、何だかんだで結構ダブってしまいましたので、あえなく断念・・・。
う~ん、まんまとタカラトミーの策略にハマって、更に散財ところですた・・・ いや~危ないアブナイ(^^;;

とりあえず、せっかくコンプしたので、100均でコレクションケースを買ってきて飾ってみました♪
e0025695_22463545.jpg
OLYMPUS PEN E-P3「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」

e0025695_22573618.jpg
OLYMPUS PEN E-P3「LUMIX G 20mm/Fl.7 ASPH 」


カメラのホットシューに取り付けられるパーツとボールチェーン付きです。
ホットシューに装着するとこんな感じ。
e0025695_2247480.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1 「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」

E-PL1に白のE-P3も装着してみました。
e0025695_22472629.jpg
OLYMPUS PEN E-P3 「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」

なかなか可愛いです♪
まぁ、これを装着して写真を撮りにいくことはないと思いますがww
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2012-11-04 22:55 | PHOTO日記
「Helloミラーレス EOS M」
昨日いよいよ発売となったキヤノン初となるミラーレス機「EOS M」。

e0025695_20563727.jpg最大手のキヤノンが出す国内メーカー最後発となるミラーレスですから、いったいどんなすんごいカメラを出してくるのか興味津々だったんですが、ベースとなった一眼レフエントリー機「EOS Kiss X6i」から文字通リミラーと光学ファインダーを取り払って、コンパクトにしただけっていう何の工夫もサプライズもない仕様で、正直ちょっと拍子抜け・・・。

今やレンズ交換式カメラの国内市場はミラーレスが既に4割超になっているという状況の中で、満を持して投入となったキヤノンのミラーレス機が何故にあっと驚くような新機能や新技術もなければ、電子ビューファインダーや可動液晶、内蔵フラッシュさえもないシンプルな入門機の1機種のみの設定なのか、大きな疑間でしたが、どうやらキヤノンのミラーレス機は、他社のように従来の一眼レフとは違った小型軽量なミラーレスならではの魅力を追求する別カテゴリーで展開するという方向性ではなく、あくまでも本道である一眼レフヘのステップアップを促す役割のカメラという位置付けのようなで、どうやらミラーレス市場で先行メーカーのユーザーを取り込んでトップシェアを狙うといった戦略はないようですね。

ちなみに「EOS M」のメインターゲットは、「カメラ・写真に目覚めた20~ 30代のデジタルー眼入門者」と「すでにEOSシリーズを所有している中上級者のサブ機」とのことで、特に重視しているのが前者のコンデジやスマホである程度写真に慣れ親しんだ、いわゆる“カメラ女子"を狙つたデジタルー眼入門機らしいので、そう考えれば、必要最低限の装備で小型軽量ボディ、使いやすいタッチパネル装備でコンデジやスマホの延長線上としての使い勝手に応えた仕様というのは、うなずけるところですし、ある程度使いこなせるようになって、装備や性能に満足できなくなってきたら、一眼レフの「EOS Kiss」をどうぞという一眼レフヘステップアップさせるポジションであることを考えれば、あえて上位モデルを設定せずに1機種のみの設定なのもうなずけるところではありますが、ミラーレスを選ぶ人は、軽量コンパクトで一眼と同等の画質というメリットで購入を検討する人が多いと思うので、装備や性能に満足できなくなってきたら大きくて重い一眼レフをどうぞってスタンスはちょっと矛盾しているような気がしないでもないような・・・。

そして、もう一方のターゲットの「すでにEOSシリーズを所有している中上級者のサブ機」に関しては、やはリアダプター経由で既存のEFレンズを使えるってのが大きな魅力となるのでしょうが、ミラーレス専用レンズに比べて大きく重いレンズを使用することになる訳で、小型軽量が売り物のミラーレスの魅力が半減ですし、望遠レンズなどを使うことを考えると電子ビューフアインダーの設定がオプションですらないのはツライんじゃないかと思ったりもしますが、それでも大きな一眼レフより気軽に持ち歩けて、イザという時には手持ちのレンズも使えてしかも画質は一眼レフ機と変わらないとなれば、EOSユーザーのサブ機としてなら十分メリットもあるんでしょうね。

e0025695_20574517.jpg既存のEFレンズを使えるってのが魅力の一つではありますが、当然ながら「EOS M」用に新開発した「EF- M」マウントの交換レンズとして、標準ズームレンズ「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」と、単焦点レンズ「EF-M22mm F2 STM」の2本のレンズがラインアップされてます。
ただ、今後のレンズの追加情報のアナウンスは今のところないようですし、レンズのロードマップも発表されてないので、望遠レンズくらいは出るかもですが、あまり多くのレンズのラインアップは期待できなさそうな雰囲気ですね・・・・
まぁ、あくまでも一眼レフヘ移行を想定したモデルなので、もっと他のレンズを欲しくなったら、既存のEFレンズをどうぞってことなのでしょう。

既存EOSユーザーのサブ機としては魅力があるかと思いますが、キヤノン初となるミラーレス機という観点で言えば、システムの発展があまり期待できないってのは、正直残念な気がしますね。

とりあえず、売上の状況や市場の反応をみて、もしかしたら上位機種を出す可能性もあるのかもしれませんが、あくまでも「EOS M」で、デジタルー眼入門者を一眼レフヘステップアップさせるのが目的ですから、装備の充実した上位モデルを出せば、一眼レフエントリー機「EOS Kiss」を喰われてしまう可能性もあるので、難しいところではないかと・・・
ってことで、要はこれから始める一眼入門者と既存EOSユーザー向けのミラーレスってことで、個人的にはほとんど魅力を感じないわけですが、コマーシャルも過去のキヤノンにはないぐらいいっぱいやるらしいですし、ブランドイメージも高いキヤノンですから、結構売れちゃったりするんでしょうけどね~

ちなみにCMキャラクターはガッキーと妻ブッキーのコンビに木村力エラだそうですが、なんとなく、ガッキーと妻ブッキーコンビは、パナLUMIXの綾瀬はるか、佐藤健コンビと微妙にキャラというかイメージが被ってる気がするんですが、戦略的にそれでいいんでしょうか?(^^;;

まあ、キヤノンのガッキーもパナのはるかタソも絶妙にポイント高い起用でそそられるところですがww、なんだかんだ言いながらも個人的にはやっぱ、カメラもイメージキャラクターもオリンパスが最強なんですけどね(^^

さてさて、コンデジ、スマホあがりの“カメラ女子"の反応は如何に!?
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2012-09-30 21:02 | PHOTO日記
| ページトップ |