Top

Toshiの「ROVER600」と「OLYMPUS PEN」で綴る日々の徒然日記
by backyardgarage
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
謹賀新年!
at 2014-01-01 18:49
大船フラワーセンター
at 2013-07-21 15:07
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-14 01:35
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-13 23:49
すっかりご無沙汰しております..
at 2013-06-16 03:14
タグ
(523)
(218)
(178)
(175)
(159)
(150)
(116)
(86)
(69)
(59)
(58)
(33)
(30)
(23)
(22)
(20)
(18)
(15)
(14)
(14)
(5)
(4)
(4)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
カテゴリ
全体
徒然
MY ROVER620
ファミリー
F1
趣味
カーライフ
オフ・イベント
PHOTO日記
TVウォッチン
映画ウォッチン
ホビー
Music
格闘技
ダイエット
Dear MG MIDGET
記事ランキング
画像一覧
最新のトラックバック
’12 F1ブラジルGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アメリカGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アブダビGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1インドGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1韓国GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1日本GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1シンガポールGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1イタリアGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ベルギーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ハンガリーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
フォロー中のブログ
まぁ,確かに,やっぱり,...
Rover 220 co...
湘南のJOHN LENN...
いいかげんな日記
対抗戦
♪digression♪
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
ブログジャンル
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
タグ:趣味 ( 178 ) タグの人気記事
Top▲ |
携帯逝く・・・
今朝、携帯が逝ってしまいますた。正確には電池つーかバッテリーですが・・・
バッテリーって高いのだろうか、値段によっては機種変だな。
実はそろそろ替えたいな~なんて思っていたところにグッドタイミング(^^;;
カミさんに「作戦でしょ!」なんてツッこまれそうな予感ですが、決してわたしの作戦ではありません。
電話会社の作戦です(爆)
うまい具合に替え時を見計らって寿命になるように考えて作ってるに違いない。
つーか、そもそもわたしの携帯、ボーダフォンですが、J-フォン時代の機種ですからかなりのキャリアモンでしょ(^^;;
去年の夏に一度、こちらの声が相手に聞こえなくなるっていうトラブルがありましたが、アフターサービスってのに入っていたんで、タダで修理してもらいましたがさすがにバッテリーはタダじゃ交換してくんないっすよね?
って思ってボーダフォンショップに電話して聞こうかと思ったら、携帯使えなかった(^^;;う~ん、不便じゃ~

買い替え機種もさっきボーダフォンのサイト覗いてみたけど、いいのがないね~困った。
しかし最近の携帯の多機能ぶりにはついていけません(汗)
わたしからすれば、ゲームも音楽もいらないから、もうちょっと素敵なデザインの携帯をつくって欲しいっす。
唯一気になるのが フェラーリモデルですが、いくら多機能はいらないって言ってもこんなヘボグレードじゃ買う気にならん。

とりあえず、帰りにヤ○ダ電機にでもいって機種の探りでもいれてくるかな。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2005-10-28 18:02 | 徒然
超じんせーエンジョイ!たまごっちプラス
我が家で依然「たまごっち」ブームが続く中、またも新型が登場した。
その名も 「超じんせーエンジョイ!たまごっちプラス」なり~

この新型は以前からあるたまごっちのご飯をあげて育てたり、他のたまごっちと結婚させて2世を誕生させるといった育成要素を引き継ぎつつ、進学や就職といった「人生」要素も加わるそうで、PCと連動した通信機能も楽しめるそうでつ
んでもって、その「人生」要素つーのは、「たまごっち幼稚園」「たまごっちスクール」などの学校や、「学校の先生」「医者」「デザイナー」「警察官」など20種類の就職先が用意されるそうで、その人生の選択には、たまごっちの生まれつきの特性や、新規導入された「ガッツポイント」が重要らしい(^^;;
ガッツポイントには「かしこさ」など3要素があり、なりたい職業に必要なガッツポイントをミニゲームなどで上げていく必要があるそうです。

まぁ、次から次へとなかなか考えるもんだと関心しますが、うちなんかまんまとメーカーの思惑にはまって、また「たまごっち」が増えそうな予感っす(^^;;
子供達には、人生にはどれほど「ガッツ」が必要か、これでしっかり学んでいただこう(爆)
つーか、子供よりまたしてもカミサンがはまりそうな予感(^^;;
e0025695_1621583.jpg

[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2005-10-11 16:24 | ホビー
4人の食卓
またしても韓国のホラー映画を観る。今度は「4人の食卓」を借りてきた。

【ストーリー】
結婚を控えたインテリア・デザイナーのジョンウォンは、最終電車で2人の少女が向かい合って寝ている姿を目撃する。
翌日、彼はその子どもたちが母親によって毒殺されていたことを知る。それから彼の部屋の食卓に、2人の少女の姿が現れるようになる。
誰にも話せないジョンウォンだが、偶然知り合った女性ヨンも、子どもたちの姿を認めた。7歳以前の記憶がないジョンウォンは、ヨンの助けを借りて、自分の失われた記憶を取り戻そうとするが…。

巷では「猟奇的な彼女」でブレイクしたチョン・ジヒョン主演ってことで観る方が多いようですが、わたしはただ単純に韓国ホラーを楽しもうと思って借りました。
予告を観たときはもっと怖い映画かと思いましたが、これまた「箪笥」同様いわゆるサイコホラー・・・・というより心理サスペンス?的映画でした。
確かに随所にショッキングな映像がでてきて、これがまたリアルでちょっと汗・・・でしたが、はっきり言って、謎だらけの内容でした。
「観る人の数だけ謎が生まれる。衝撃の心理迷宮ホラー」というキャッチコピーなのですが、謎を解くカギが少なすぎるというか、放置されたままの謎も多く、これは何度か観直せば、謎が解けそうってな謎ではなく、単に脚本の説明不足だろうと・・・(爆)
結局、しっくりとくる結論も出ずに最後まで謎のまま終わるというなんとも欲求不満の残る映画でした。
はっきり言って、物語の本質にあたる部分っていうか、何をこの映画で伝えようとしているのかがよく伝わってこないので、かなり欲求不満な後味でした。まぁ、わざとそのような作りにしているんだと思いますが・・・
ホラーだというのに不覚にも途中ウトウトしちゃったりして・・・そりゃ余計にわからなくなるわな(更汗)

で、結局わたしなりに解釈すると、4人の食卓に象徴される家族団欒というものが次第に崩壊され、幼児虐待、自殺、精神病、現代病、人間関係、孤独などの現代の歪んだ社会によって起こされる悲劇、そして 「受け入れられない事実は事実でなく、耐えられない真実は真実でない」という人間の持つ弱い心理が生む悲劇、恐怖を描いたのでは・・・と解釈しておこうと思う。
ただ、もう1回観れば、また違った視点で見えるかもしれませんが、もう1回観ようとは思わないので、あしからず(^^;;
深い内容の映画であることは確かですが、いかんせん謎が多すぎる・・・

e0025695_1927891.jpg

[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2005-10-02 22:25 | 映画ウォッチン
なんだかんだ言っても連ドラ好き
昨日は20時頃に会社から帰ると、めずらしく子供二人共すでに寝てました。
日頃子供が起きている時間帯にはロクにTVも落ち着いて観れない状態なので、ここぞとばかりにビデオに録画したまま放置されていたTBSドラマ「いま、会いにゆきます」の3話分を連続で最終回まで観ることに。

いわゆる最近流行り?のベストセラー小説の映画化のドラマ化ですが、さすが内容はベストセラー小説になっただけはあるって感じでしょうか。
在り来たりな内容が多いドラマの中、意外な展開というか発想は新鮮で面白かったです。
最終回の展開を観て、なる程ね~そういうコトかい!それで「いま、会いにゆきます」という題名なのね、つー最大の疑問が解けました。
ビデオに撮り貯めた連ドラって、結局観ないってパターンが多いのですが、とりあえず最終回まで観れてよかったなぁと。
ただ、これはやはり連ドラより映画向きな話のような気がしますので、今度は映画版を観てみようと思います。
ミムラも嫌いじゃありませんが、やはり竹内結子でしょ(^^;;(違)

話は逸れますが、実は最近、だいぶオヤジ゙になったせいかベタな恋愛ドラマつーのが苦手になってきました。
実際に観ればそれなりに楽しめるんでしょうけど、まず観る気がしないんすよね~。
月9なんてのは、見る前から拒絶反応です(爆)
特に美男、美女の2人の障害を乗り越えてハッピーエンド!なんてのは、うんざりっす。

「電車男」も観てみましたが、それなりの面白さはあったけど、映画版も観よう!って気にはならなかったな。
「いま会い」にしろ「電車」にしろ、純愛はやっぱいいな~つー共通点はありましたが(爆)

なにを隠そう一番面白かったのは、やっぱ「女王の教室」だすね~。
放送当初は反響がすごかったらしいですが、あの内容でいちいち苦情の電話してんじゃねぇ!と言いたい。
どんな輩が苦情を言ってくるのかだいたい想像つきますが、そんなあなた達が腐った学校にしてるんじゃないの?とツッコミ入れたいっす(^^;;
いままでの感動教師ものとはまた違った面白さがあってよかったです。
なんてたって、天海祐希がいいです。離婚弁護士も面白かったし、2枚目、3枚目どちらでもいい味だしますね~。
主役の娘の「テヘッ」ってのもカワイかったっすけどね(^^;;

あ~、なんかいつの間にたわいもないコト書いてるな~(爆)
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2005-09-29 18:27 | TVウォッチン
「hideミュージアム」閉館
「hideミュージアム」が25日、5年間の運営期限を終え惜しまれながらも閉館しました。
ここはご存知「X JAPAN」の元ギタリストで、1998年に33歳で亡くなったhideの記念館。
我が地元の横須賀にあります。
実際は3年間の期限を設けての運営だったようですが、ファンの熱い要望により運営期間を延長して、5年間に約40万人のファンが訪れたそうです。
一個人の記念館としてはスゴイ数字ではないでしょうかね。
しかし「hideミュージアム」ができてから早5年とは、時が経つのは早いもんですね。
横須賀の京急バスにhideのイラストが書いてある通称「hideバス」が走っているんですが、それもなくなってしまうのだろうか・・・

わたしの地元ながら運営期間があったとは知らず、結局行かずじまいで残念ながら閉館となってしまい、いつか行こうと思っていただけに非常に悔やまれます。

実はわたしも学生時代はヘビーメタルのバンドでギターなんぞをやっていましたので、hideがまだアマチュア時代で活躍しているのも知っていました。
当時hideは地元横須賀で「サーベルタイガー」というバンドでギターを弾いていて、ライブハウスなどをよく見に行ってましたが、その頃からド派手なパフォーマンスもあり、存在感はスゴイ人でした。
それからしばらくして「X」というバンド(当時はJAPANはつかなかった)でメジャーデビューしたのを知り、びっくりしました。
デビュー当時からのファンでしたが、まさかあそこまで人気爆発なメジャーバンドになるとは思いませんでしたね~。
当然、わたしはLIVEでXジャンプをしたクチです(爆)懐かしいなぁ・・・
それだけにhideのあの’事故’にはショックでした。あれから7年ですかぁ・・・

結局わたしは行けませんでしたが、25日の「hideミュージアム」ファイナルには、台風17号の影響で悪天候の中、3万人近いファンが訪れ、別れを惜しんだようです。
ちょっと寂しい気持ちですが、「hideミュージアム」がなくなっても hideが創り上げてきた「“ROCK”SPIRITS」はファンの中で永遠に続いていくことでしょう・・・
hide forever!
e0025695_11305676.jpg

[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2005-09-26 11:32 | 徒然
香港ディズニーにブーイング
e0025695_17312416.jpg

香港ディズニーランドが昨日オープンしましたね。
昨日、香港ディズニーランド来客第1号は日本人だったというニュースを見て、勘弁してよって気分になりましたが(^^;;

なにやら開園早々もう既に来客者からブーイングが出ているようですね~
どんなブーイングなのかと言うと「スタッフの態度が横柄だ」「狭すぎる」といった感じらしい。

まず、「スタッフの態度が横柄だ」って印象はリピーターを重要視するサービス業として最悪ですね。
なんでも「休憩時間が短いことや勤務時間中は水を飲んでいけないという規定などに対し、スタッフから不満の声が上がっていた。」
ってことですから、教育のなっていないスタッフが「くそ~やってられねーぜ!」的態度だったんだろうと予想されますね(^^;;
それとも、ここは天下のディズニーランドだぜ。そこらの遊園地と一緒にすんな的態度か?(爆)
どちらにしろ、スタッフが客の印象悪くするってのは致命的っすね。香港には「お客様は神様です。」って言葉はないんでしょうか(笑)

そして、「狭すぎる」・・・これも致命的かも
ニュース記事によれば、
「運営会社は、系列ホテル2軒や駐車場などを含めた面積を126ヘクタールと公表している。だが、地元紙が航空写真などで調査した結果によると、園内だけの面積は最大でも19ヘクタール弱で、東京ディズニーランド(51ヘクタール)の半分にも満たない。
アトラクションも、43ある東京と比べ、ほぼ半数の22。」らしい

う~ん、確かに写真のシンデレラ城?も小さく感じるなぁ・・・
東京ディズニーランドの半分にも満たない面積ってのは、やはり狭いでしょうし、アトラクションが少ない分、人気のアトラクションに人が殺到しますからこれはブーイングがでてもしかたないか。
ちなみに年間1000万人を目指すそうですから、一日平均約2万7千人以上っす。
ちなみに東京ディズニーランドの一日平均入場者数が4万5千4百人らしいので、そう考えるとやはり東京ディズニーランドより混雑が予想されますね。
ただ、その分金額も安いらしいですが・・・
ちなみに営業時間も最短らしく、平日は午前10時から午後7時まで(早っ!)祝日や週末でも午前10時から午後9時まで(短っ!)らしい。

ちなみにこのニュース記事を良く読んでみてください。

「営業時間も最短」で、平日は午前10時から午後7時までの10時間。祝日や週末でも午前10時から午後9時までの12時間。東京ディズニーリゾートでは、平日は通常午前9時から午後22時、祝日・週末では午前8時または8時30分から22時というケースが多い。

時間の計算間違ってんじゃん(爆) ニュース記事なんだからしっかりしてくれ!(^^;;


ってことで、さぁ皆さん、香港ディズニーランドはどうですか?(笑)
う~ん、確かにディズニーフリークにとっては大ニュースかもしれませんけどね~。
特に最初っからこんなニュース見ちゃうと更に行く気がなくなりますね。って、行く予定はまったくありませんが(爆)
つーか、わたしなんて、ディズニーシーすらまだ行ってませんからね、香港ディズニーランドなんて行っている場合じゃないっす。
今年中には行きたいなディズニーシー♪(^^;;
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2005-09-13 17:36 | 徒然
「箪笥」
土曜日に以前から観たいと思っていた韓国のホラー映画 「箪笥」レンタルして観ました。
この作品は、韓国の古典的怪談『薔薇紅蓮伝』のリメイクらしいのですが、はっきり言って怖 くありません。
いわゆる『呪怨』系の怖さを期待する方にはお薦めできない作品です。
ただ、作品的にホラーというよりはサスペンスホラー的なので、そのカテゴリー的怖さの表現はうまく表現されていますので、あくまでもサスペンスホラーもしくはサイコホラーとして観るなら、かなりお薦め度の高い作品です。

【あらすじ】
長い入院生活を追え、美しい姉妹は父親とソウル近郊に佇む閑 静な一軒家へと帰ってきた。
姉妹を迎えたのは、笑 顔の裏に冷たい表情を隠す継母のウンジュだった。
怯える妹・スヨンを異様なまでに気遣いながら、姉のスミはウンジュヘの不信感を露にする。
…その日から家の中で次々と奇怪な事件が起こ始め、姉妹は悪夢にうなされる。
募る恐怖とただ傍観するだけの父親。そして継母・ウンジュと姉妹の関係は互い への不信感から、ますますこじれていく。
そして全ての秘密を説くカギが、スヨンの部屋にある箪笥の中に隠されてい た・・・

【感想】
作品的には美しい映像と音楽と共に家の内装や家具、装飾から小物に至るまで美しいセットが用意され、決しておばけ屋敷さながらのおどろおどろしい雰囲気はなく、それがまた一味違った怖さを表現しています。
ストーリーの展開は緊張感を保ったまま、色々な謎やヒントをちりばめながら姉妹と継母の確執、そして恐怖な出来事が展開していきますが、途中「箪笥」というキーワードは出てくるものの「箪笥」に隠されたカギは巧みな展開で最後 まで明かされません。
そして後半になって、ドンデン返しがあり、徐々にパズルが合うように「ああ、そういうことだったんだ・・・」とわかりはじめた頃に怒涛の展開になり、「箪笥」に隠された秘密が明かされていきます。
ってことで、謎解き要素が多く、ストーリーの展開も観てる 側に解釈を委ねる描写が多くなっているので、1回観ただけでは意味不明な部分も多く、
理解が難しい作品かもしれません。
わたしは翌日にもう1回観直して、自分なりには理解しましたが、それでもまだまだ謎の場面が多く残っています。
たぶんその部分は観たその人の感性によって話を膨らませて欲しいという意図があるのでしょうが、ストーリー展開の中で伏線らしき場面がもう少しあってもよかったのでは?と思うのですが・・・

最大の謎はなぜにホラー仕立てにしたのか?元になった韓国の古典的怪談『薔薇紅蓮伝』は知らないが、この話は1人の娘の歪 んだ愛情によって崩壊していく家族の悲劇とそして自責の念の恐ろしさや苦しみや悲しさを表現した作品としてもじゅうぶんいけるわけで、それをわざわざ貞子風霊やラストの継母の箪笥のある部屋でおきる心霊現象などは、はっきり言っていらないのでは?と正直思えてしまうところが残念。

あと、謎に関して言えば、肝心な「箪笥」がなぜにあんな小さくて、素敵な模様なんだと・・・(爆)

あっ、そうそう、主な登場人物が6名というまるで舞台のような感じですが、皆演技が素晴らしいのも見所。
継母役のヨム・ジョンアの演技もすごかったですが、やはり姉スミ役のイム・スジョンの表現 力、演技力はホント素晴らしく冴えてました。
しかもカワイイ(笑)ちょっと好みだったりします(爆)

とりあえず、それ程ネタばれもしないよう書いたつもりですので、興味のある方は是非、観て頂戴。
ホラー好きじゃなくても楽しめる内容ですし、ホラー好きでも十分楽しめます。ジャパンホラー映画とは違った雰囲気を堪能してみてください。

e0025695_2154634.jpg

[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2005-09-11 21:55 | 映画ウォッチン
NANAナナ
NANAナナって映画が本日より上映されるようですが、実は非常に観たいです(爆)

この映画は、矢沢あい原作の累計2200万部を売上げ、現在も連載中の幅広い年齢層の女の子に絶大な人気を誇る大ヒットコミックの映画化らしいですが、わたしこのマンガ読んだことありません(爆)
じゃーなんでかつーと、実は偶然にも2人のナナを演じる中島美嘉と宮崎あおい、両者のファンだったりするんです(照)
中島美嘉は歌も好きで、デビュー当時からよく聴いてました。
最近はちょっとメイクや髪型がちょっとアーティスティックすぎて、ちょっと・・・な感じでありますが(汗)
基本的に歌もうまいし、綺麗な子だと思いますね。

そして、宮崎あおいも以前にたまたま観た映画からのファン。
セリフではなく、目や雰囲気で芝居のできる彼女の演技は素晴らしいです。
見た目はめっちゃキュートで可愛いけど、アイドルって言うよりしっかりとした女優さんです。

ってことで、そんな理由なんですが、ちょっと映画を観にいくのは恥ずかしいので、DVDが出たら観てみようかなと思います(笑)
物語のはそれほど興味がないのですが、これ程人気があるのなら面白いんでしょうね。
普通は逆なんでしょうが、とりあえず映画が面白かったらマンガも観て見ようかと思います(^^;;


e0025695_1545849.jpg

[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2005-09-02 15:05 | 映画ウォッチン
| ページトップ |