Top

Toshiの「ROVER600」と「OLYMPUS PEN」で綴る日々の徒然日記
by backyardgarage
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
謹賀新年!
at 2014-01-01 18:49
大船フラワーセンター
at 2013-07-21 15:07
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-14 01:35
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-13 23:49
すっかりご無沙汰しております..
at 2013-06-16 03:14
タグ
(523)
(218)
(178)
(175)
(159)
(150)
(116)
(86)
(69)
(59)
(58)
(33)
(30)
(23)
(22)
(20)
(18)
(15)
(14)
(14)
(5)
(4)
(4)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
カテゴリ
全体
徒然
MY ROVER620
ファミリー
F1
趣味
カーライフ
オフ・イベント
PHOTO日記
TVウォッチン
映画ウォッチン
ホビー
Music
格闘技
ダイエット
Dear MG MIDGET
記事ランキング
画像一覧
最新のトラックバック
’12 F1ブラジルGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アメリカGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アブダビGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1インドGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1韓国GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1日本GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1シンガポールGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1イタリアGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ベルギーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ハンガリーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
フォロー中のブログ
まぁ,確かに,やっぱり,...
Rover 220 co...
湘南のJOHN LENN...
いいかげんな日記
対抗戦
♪digression♪
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
ブログジャンル
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
タグ:格闘技 ( 18 ) タグの人気記事
Top▲ |
HERO’S2007~ミドル級世界王者決定トーナメント決勝戦~
だんだんと出場選手が厚くなって面白いカードが増えてきたHERO’Sですが、トーナメントとなると日本選手の活躍が少なくなるのが少々寂しいですね(^^;;

では、試合の感想などを・・・

○桜庭 和志 VS 柴田 勝頼●
SAKUのサイドポジションから激しいパウンド、最後は腕十字でしっかり決めて完勝。
久々にSAKUらしい試合となりました(^^;;
柴田は前戦のハレックとの試合と同様、’狂犬’?(笑)ってな試合ぶり。
今回はSAKUだったからってのもあるのかもしれませんが、やはり柴田の総合第1戦のわずか9秒でのKOって のはラッキーだったのか?と思わずにはいられないです。
特に期待はしてませんが、SAKUの今後には期待(^^;;
果たして対ヒクソン戦は実現するのでしょうか?

○ミノワマン VS ケビン・ケーシー●
ケーシーは初参戦ですが、グレーシーらしいセオリー通りの戦いぶりで苦戦を強いられるミノワマン
2R目になぜか打ち合いに出たケーシーにすかさず左フックからバウンドで見事ミノワマンのTKO!・・・
だったらしいですが、実はわたし、その時ちょうど子ども達にジュースを注いでいたので見逃しました(爆)

○メルヴィン・マヌーフ VS ファビオ・シウバ●
ヴァンダレイやジダと同門ってことで、狂犬マヌーフとのシュートボクセの危険でアグレッシブな試合に期待が高まったのですが、マ ヌーフの1,2が見事にヒットして、あとは意外にもあっけなくパウンドでTKO

○山本"KID"徳郁 VS  ビビアーノ・フェルナンデス●
8カ月半ぶりとなるKIDの復帰戦でしたが、以前ほどの強さは見れなかったような・・・今回はグラウンドに不安があったのか完全避けてましたが、今回はそれだけ相手が巧みだったってことなんでしょうね。
まぁ、今回はどうにか判定で勝ちましたが、今度は寝技でもKOします!ってことなので期待!
そんでもってビビアーノも期待できそうな選手なので楽しみです。
しかし、あのドントムーブのグダグダ加減はどうなんでしょう・・・せっかくの試合もあれじゃ、選手も観客もどっちらけっすね。

<準決勝>
●宇野薫 VS アンドレ・ジダ○
惜しかったですね~最後宇野はいい展開に持ち込めたんですが、そこでタイムアップ・・・
さすがジダは強いですねぇ、1Rで猛烈な膝が入ったときはドキッとしましたが、宇野もプレッシャーをかけてジダの攻撃を牽制してけっこういい試合運びだったとは思うんですけど、3度目の正直ならず残念です。

○J.Z.カルバン VS ビトー・シャオリン・ヒベイロ●
いや~驚きました!きっと誰もがこんな展開になるとは予想しなかったでしょうねぇ・・・
あまりのあっけなさに言葉を失いますた・・・以上(^^;;

<決勝>
○J.Z.カルバン VS アンドレ・ジダ●
カルバン強し!
打撃ではジダ優勢でしたが、テイクダウンを奪ってからはじわりじわりと攻めて最後はマウントからセオリー通り腕十字できめて見事2連覇。
今回はシャオリン、ジダの試合内容からしてもちょっと首一つ抜けた感すらありましたね。


PRIDEがあんな状況になってしまった今はHERO’Sに選手が流れてくるでしょうから、今後は更に面白くなることに期待です。
しかし、今回のドントムーブのグダグダもそうですが、微妙なレフリージャッジやヌルヌル事件のようなせっかくの試合が台無しになるような運営だけは勘弁して欲しいですね。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2007-09-18 23:58 | 格闘技
HERO’S2007~ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦~
昨日はお出掛けしていたので、遅れ馳せながら本日ビデオで観ました。

軽~く試合の感想なんぞを・・・
スーパーファイトでは、すごかったのはジダですかね。
途中からのパンチのラッシュは凄まじかったって言うか、危ない雰囲気でした(汗)
またしてもレフリーストップが遅いんじゃない?ってな印象残る試合でしたが、ジダは強いっすね。
ハレック・グレーシーとやった柴田もノゲイラとやった勝村も残念でしたが、いいところなく終わってしまったような、なんか物足りない印象の残る試合でした。
そしてお笑い芸人のベルナルド・アッカと、なんとマヌーフの試合(^^;;
結果は分かってましたが、アッカもなかなか健闘したんじゃないですかね。
この先も格闘技をやるなら、売れない芸人やめて格闘技1本の方がイメージ良い気がするんですけどね・・・
そして、PRIDEの田村とK-1の金の試合は判定で金の勝利。
田村は金に勝って、ヌルヌル秋山と対戦を望んでいたみたいですが、ここで負けちゃダメじゃん(;´Д`A ```
さすがに金のローキックはすごかったですが、試合的には微妙・・・(^^;;

【ミドル級トーナメント開幕戦】

●宮田 和幸 VS ビトー“シャオリン”ヒベイロ○
1Rは打撃でがんばった宮田ですけど、さすがに優勝候補のシャオリンだけあって強かったですね~
あそこからスルっと肩固めに入ってあそこまでがっちりと極めてしまうテクニックはお見事!って感じでした。

○ブラックマンバ VS 所 英男●
去年のトーナメント開幕戦の屈辱戦に燃える所ですが、やはり今回も苦戦。
ブラックマンバの長い手足を巧みに使って所にほとんどなにもさせる隙を与えず、今回もいいところを出せずに終わってしまいましたが、ブラックマンバは予想以上に巧みですし、強いですね。

○宇野 薫 VS 永田 克彦●
これはレスリングじゃなく、総合なんだという徹底した打撃で永田にレスリングをさせなかった宇野の戦略の勝利でしょうかね。
個人的には寝技で極めてKOして欲しかったですが・・・やはり宇野ですね。

準決勝進出メンバーはシャオリン、ブラックマンバ、宇野の3人となりました。
終わってみれば予想通りといえば予想通りな結果でしたが、やはりもうちょっと日本人にがんばって欲しい気がしますね。
あとは昨年王者のカルバンが復帰できるのかも気になるところですが、できればカルバンVS宇野のリベンジを観たいですね。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2007-07-18 01:31 | 格闘技
K-1 WORLD MAX 2007~世界一決定トーナメント開幕戦~
最近ご無沙汰だった格闘技系の話題が続きますが、今度は期待のMAXです。
今回もなかなか見所のある試合が多かったですが、各試合のラウンドカットが多すぎなのが残念。
まぁ、時間の関係もあるので仕方ないんでしょうけどね・・・

前回まではブアカーオとサワーが飛び抜けて、ちょっと他と差が開いちゃった感ありましたが、今回はなかなか激戦な予感がちょぴっとしますねぇ(^^;;
どの試合も順当に勝ちが決まった感がありますが、今回楽しみなのはクラウスの復活でしょうか・・・今回のクラウスは気合いの入り様は顔つきも然ることながら、気迫と集中力の違いは歴然で、ここ最近のクラウスではなかったですね。対戦したカラコダも素晴らしい選手で、実にレベルの高い試合でしたが、最後はクラウスの気迫勝ちって感じですね。
初代王者復活なるか!久々に期待できそうです。

そして、なんだかんだ言ってもやっぱ、 魔裟斗は強いね。改めて実感しました・・・って言うか、魔裟斗もクラウスに負けないくらいの王者復権に向けての気合いを感じましたね。
いつも以上にアグレッシブな攻撃、コンビネーションの速さ、今回はHERO'Sの王者カルバン相手にほとんど何もさせないって言っても過言ではないほど見事な圧勝でした。

あと、密かに好きなザンビディス(^^;;
ドラゴとの試合は凄まじかったっす・・・こんな素晴らしい試合が3Rからってのはいかがなものか?
コヒのラウンドを全部放映するなら、こっちの試合を全部放映しろよ!ってツッコミを入れたくなったのはわたしだけではないはず(^^;;
まぁ、延長もあったし、ザンビディスが勝ったのでヨシとしてやろう(爆)

あと、今回はアルトゥール・キシェンコという男前で強いっていう今後のMAXを面白くしてくれそうな選手も登場も楽しみな存在ですね。
コヒは今回、うまい具合に自分ペースの試合に出来たのは良かったですし、ローキックも冴えてましたが、やはりなんか物足りない感が残るんですよね(^^;;
わたし個人的には是非、佐藤とローキック対決をして欲しいです~。

MAX王者4強復活で決勝戦は面白くなりそうですね~
ブアカーオの2年連続王者が実現するのか、サワー、魔裟斗、クラウスの王者復権なるのか?
あとは、この4強に他の選手がどれだけ食いついていけるかですねぇ。

10月の決勝戦が楽しみです!
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2007-06-29 11:22 | 格闘技
『K-1ワールドGP2007 in オランダ』
久々のK-1レビューとなりますね(^^;;

一応、民放で放映しているK-1やHERO'S、MAXも当然観ているわけですが、なんかレビューを書くタイミングが遅くなったり、これといって書く気がしない内容だったりと・・・最近こっちの方が多いか(^^;;ってな訳でご無沙汰です(笑)

今回はなんと、あのボブ・サップが復活!なんていう有り得ない試合がメインらしいですが、相手は去年、サップが敵前逃亡した際に対戦相手のホーストと急遽対戦して大会を救ってくれたピーター・アーツ。
なぜに今更復活?とか、どういう経緯があって復活となったのとか?(別に興味はないけど)よりによって因縁のオランダGPですからねぇ、また話題作りにしか思えない胡散臭い試合だなぁ、オイ!って思ってましたが、結果はこれまたお粗末。
1R、2回目のタックルに行ってアーツの膝が入ってダウン・・・KOっすからね(;´Д`A ```
これで見事復活劇を演じるならまだしも、このお粗末過ぎな試合じゃ話にならないでしょ・・・1年のブランクをなめちゃいけないね。

つーことで、ホントのスーパーファイトの話題に移りましょう(爆)

●ルスラン・カラエフ VS メルヴィン・マヌーフ○
カラエフは思いっきりくらっちゃいましたねぇ・・・ちょっとビビるくらいのKOで、マヌーフの劇的勝利。
う~ん、カラエフには期待してたんですが、マヌーフの破壊力のある打撃はあなどれないっすね。

○HIROYA VS ロイ・タン●
魔裟斗に憧れる若干15歳のHIROYAとアンディ・サワーに憧れる18歳のロイ・タンの若き戦い。
HIROYAの動きは良かったですね~最後はロイも弱りHIROYAペースでしたが、残念ながらKOならず、HIROYAの判定勝ち。
これから更に期待できる選手ですね。

○澤屋敷純一 VS ニコラ・ヴェルモン●
期待の新鋭、澤屋敷と「レバンナの仇を討つ」と意気込むフランス人選手のヴェルモンという今までとはタイプの違うムエタイ選手との戦いとなりましたが、澤屋敷は相変わらず落ち着いた試合運びで今回はカウンターではなく、ローキックでうまく試合を運び
KO勝利!
今後、益々期待がかかりますが、澤屋敷には益々プレッシャーがかかるんでしょうね。


そしてヨーロッパGPトーナメントは
【準決勝】

○ビヨン・ブレギー VS マゴメド・マゴメドフ●
優勝候補のブレギーにスピードのある攻撃でしかけるマゴメドフですが、なんか倒れる気がしないブレギーの圧力(^^;;
ブレギーの攻撃を耐えつつも反撃するもブレギーの攻撃の圧力にまさかのスタンディングダウンを取られ、KO負け・・・(;´Д`A ``
レフリーのジャッジに納得いかないマゴメドフ&観客あ~んど、わたし(爆)ブーイングの嵐でしたが、確かに試合的にはブレギーの有利でしたが、ちょっと止めるのが早くね?そんな場面が多かったような・・・
まぁ、止めるのが遅いよりはいい訳ですが、あまり早い判断も試合がしらけるのも確か。微妙なところですけどね(^^;;

○ポール・スロウィンスキー VS ザビット・サメドフ●
ホーストの元で技を磨いてきたスロウィンスキーの必殺技、ローキックで責めるもサメドフも打撃で応戦。
サメドフのフックでスロウィンスキーがダウン。
このまま一気に攻めるかと思ったんですが、最後はスロウィンスキーのローキックが効いてダウン!
相当、このローキックの威力はスゴイ感じですねぇ・・・これはひょっとすると!と思わせる試合でした。


【決勝】
●ビヨン・ブレギー VS ポール・スロウィンスキー○
準決勝を観る限りではどちらも勝者になりそうな楽しみな試合。
ブレギーを見ていると倒れそうな気がしないでもない程の体型というかその攻撃力と迫力。
ブレギーはボディブロー、膝、ローキックと多彩な打撃で攻め込むがロウィンスキーはひたすら渾身のローキック!
そして2R、スロウィンスキーの右フックがブレギーの側頭部に命中してダウン!
ローキックも効いていたブレギーは立ち上がったもののフラフラ・・・そこへさらにスロウィンスキーの右フックでダウン。
まさかのKO!準決勝スロウィンスキー戦でのこれはひょっとすると!の予感が的中しますた(^^;;
ちょっと予想外でしたが、恐るべしホースト直伝のローキックでした。今後の活躍にも期待ですね。


そして『スーパーヘビー級タイトルマッチ』

○セーム・シュルト VS マイティ・モー●
実はすごく期待していた試合です。
もうシュルトのチャンピオンってのは、毎回書いてますがいい加減つまらない訳ですよ(^^;;
もう誰でもいいから早く倒してくれ!って感じなのですが、そうそうあの化け物を倒せそうな選手っていないっすからね・・・
ここは今、乗っているモーに一発、サモアンフックで仕留めて欲しい訳ですが・・・期待は実現しませんでした(涙)
やっぱ、強い・・・でかいだけじゃないね。ちゃんと戦略も考えてるし、やはり1発、1発が強烈ですね。
あのモーの射程圏内に入れないし全部交わされて、まったく手が出ない状態でしたからね・・・・

あ~いったいいつになったら、シュルトを倒せるやつが出てくるんだ・・・サップじゃ100年経っても無理そうだし(爆)
ここは引退前にミルコに帰ってきてもらいましょうか・・・(爆)

強い選手がどんどん出てくるのは嬉しいですねぇ・・・あとはカード次第ってところはありますが、つまらない話題作り優先の試合や放送ってのは勘弁してくださいね(^^;;
今後も純粋にワクワクできる充実したカードを願います。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2007-06-24 23:17 | 格闘技
HERO'S 2007開幕戦
放送から時間が経ってしまいましたが、一応今回のHERO'S 2007開幕戦の一口レビューです。

○マイティ・モー vs キム・ミンス●
あのホンマンをKOしたサモアンフックですからね~さすがにミンスじゃホンマンの敵討ちってのは無理があるでしょう(^^;;
でも、あのサモアンフックを食らってもがんばっていた根性だけは認めましょう。
最後はまともに食らっちゃいましたからねぇ、しかし前のめりのダウンは危なかったっすね(^^;;

○アンドレ・ジダ vs 高谷 裕之●
サクが推薦するシュートボクセのジダ。あのシウバやショーグンと同郷ってことでちょっと期待。
宣言通り、殴り合いのケンカの激しい展開。
ジダの速いコンビネーションでアッパーが見事に顔面ヒット!
鼻からの出血が酷くドクターストップが入るものの試合再開・・・いや~鼻曲がってますがな、見事に鼻折れてますや~ん状態(痛)それでも殴り合いは続く・・・が、結局ドクターストップでジダの勝利となる。鼻が折れてもがんばった高谷ですがね~思いっきり曲がってましたからね(汗)残念。

○ビトー”シャオリン”ヒベイロ vs 上山 龍紀●
いや~シャオリンは噂どおり強いですね~しかもウマイ!
あれほどあっさりと上山から腕を取って決めるとは・・・今後の活躍に期待大ですね。

○ベルナール・アッカ vs シン・ヒョンピョ●
またキマシタ!ボビー、金子に続いての芸能界から参戦、お笑いユニット「塩コショー」のベルナール・アッカ!
ただ今までの2人と違うのは格闘技経験者ってことと、知名度が低いってことでしょうか(^^;;
芸能人として出るには知名度が低いってのは話題性としては致命的だと思うのですが、とりあえず勝ったので良しなのでしょうか(^^;;
なかなかの身体能力と経験者だけあって、他の2人に比べればこの先有望な選手になりそうですね。
話は変わりますが、昨日の連ドラ「ハケンの品格」の最終回に早速金子賢がちょい役で出演してましたね・・・しかもどーしょもない役なのが痛いですが、やはり君にはこっちのが似合ってるよ(^^;;地道にガンガレ

○柴田 勝頼 vs 山本 宜久●
試合が始まって約9秒。拳を折るほどの渾身の一撃で山本を沈めた柴田・・・。
ラッキーパンチなのか?それとも期待できるのか!?次戦で真の実力を見せて欲しい。

○ゲーリー・グッドリッジ vs ヤン“ザ・ジャイアント”ノルキヤ●
ノルキアはグッドリッジをコーナーに追い込んで攻めまくるもテイクダウンを取られ形勢逆転。
あとはパウンド攻撃でお終い・・・う~ん、なんとも(^^;;

○メルヴィン・マヌーフ vs 高橋 義生●
あれほど秋山ヌルヌル事件で騒がれたのにマヌーフが足に何かを塗っていたようでイエローカード!?マジありえないんすけど・・・(^^;;
試合の方は・・・打撃で上回るマヌーフですが、意外にタックルの切り方がうまいっすね。
結局高橋はテイクダウンを奪えず、逆にダウンしたところをパウンドでKO。
しかし、いくら強くてもヌルヌルはやっぱダメでしょ・・・

○桜庭 和志 vs ユーリー・キセリオ●
ここ数戦、すっきりとした試合がないサク。
そろそろ盛り上がりを見せて欲しいところ。
今回は見事腕を極めて見事勝利をつかみましたが、やはり以前のような戦いを楽しんでいるような余裕は感じられませんね・・・
いつしか観ているこちらもワクワクからハラハラに変わってしまいましたし(汗)
これをきっかけに今後また素晴らしい試合を魅せてくれることに期待!

TVに写ったサクの応援の書かれたインターネットの掲示板はスタッフが作った嘘の掲示板らしいですね・・・TBSよ少しは成長しろよ(;´Д`A ```

○宮田 和幸 vs ブラックマンバ●
KIDに屈辱の4秒KO以来の試合ですが、仕上がりは万全の様子。
ブラックマンバのグランドの上達ぶりには少々驚きましたが、やはりグランドでは宮田の方が1枚も2枚も上。パワーもありますしね。
宮田の実力は確かなんですが、あのイメージは痛いよなぁ・・・果たして払拭できる時は訪れるのでしょうかね?

○宇野 薫 vs アリ・イブラヒム●
今回の宇野もなんの危ういところもなしの試合運びで勝利。ちょっと実力の差がありすぎたかもですね。派手さはないですが、安定した強さは素晴らしいですね。
ただ、毎度紹介されるファッション誌のモデルの話はもういらねぇ・・・(^^;;

○所 英男 vs 安廣 一哉●
所の対戦が永田の負傷により安廣に・・・わたし的には両者とも好きな選手なのですが、正直言ってメインとしては対安廣戦ではツライところ。
なんか最近の安廣はリザーブ選手のイメージが・・・(汗)
試合の方は予想通りの展開と申しましょうか・・・さすがの安廣も所にグランドに持ち込まれては挽回ならずでした。
やはり所はいいですね~勝った後でもあのひょうひょうとした感じがいいです。
所もいい加減「戦うフリーター」コンビニ弁当で凌いだって件はもういらねぇ・・・(^^;;

今回はTBSらしからぬ放送で過剰演出もなく、しかも全ての試合が1Rで勝敗がついたおかげで多くの試合が楽しめた訳ですが、イマイチ盛り上がりに欠けるのはやはりカードのせいでしょうか??それともやはり所謂スター選手を欠いた大会となったためなのでしょうか??
なんか会場も非常に盛り上がりに欠けてる感じでしたし・・・次はもっと好カードに期待したいですね。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2007-03-15 13:36 | 格闘技
K-1 WORLD GP 2007 in YOKOHAMA
最近は格闘技系の日記がすっかりご無沙汰してしまいますた。
PRIDEが観れない現在は格闘技系はK-1のみという寂しい状況ながら、K-1の過去2大会は書こう書こうと思いつつもなかなか時間がとれず、ズルズルと時間が経って結局書けませんでしたが、今回は忘れずに書こうと思います(^^;;

●チェ・ホンマン vs マイティ・モー○
やりましたね~モーの見事なKO!判定勝ちじゃないところがイイ!
いつまでもデカイってだけで勝てる程生易しいリングじゃないってことっす。
チェ・ホンマンは試合後に「1週間前まで左足首にギプスをしていた」と打ち明けたそうですが、コヒの骨折にしろ、それを覚悟して試合に挑んでる訳ですから勝った後に言うならまだしも負けた後に告白するのは言い訳がましくて虚しくなります・・・試合後のインタビュー見ると負けた選手って意外と多いんだよねぇ、これがまた(^^;;

●シリル・アビディ vs 野田 貢○
アビディはここ最近はキレた感じの怪しさがまったくなくなりましたね。
気迫や迫力もフツーの選手になっちゃった感があって残念。
野田は手数はそれなりですが、クリンチが多いのが気になりますね。
ただ、前に出て行く姿勢はあるのでそれほどグダグダな試合にはなりませんでしたが・・・。
試合自体は2Rのダウンが効いてか野田の3-0での判定勝ち。
それ程野田優勢な試合ではありませんでしたが、一応金星ってことで(^^;;

●ルスラン・カラエフ vs バダ・ハリ○
期待の1戦。
これぞわたしの求めていた試合って感じで両者共にアグレッシブ!Kの試合はこうであって欲しいと思わせる。
バダ・ハリのカウンターの出し方がうまくてなかなか自分のペースで試合をし難そうなカラエフでしたが、ついにパンチでダウンを奪う!
今回もカラエフの勝ちか!?と思った次の瞬間、バダ・ハリのカウンターパンチが見事にカラエフの顎を打ち抜き、逆転KO!
バダ・ハリのリベンジ成功という結果になりましたが、わたし的には正直なところカラエフに勝って欲しかったですが、スゴイ試合だったので満足かな?(^^;;

●武蔵 vs 藤本 祐介○
角田さんの警告もうなずける試合内容。日本を背負って立つ二人がこんな戦いでどうするんじゃ!って見ていられなかったのでしょう。
3Rドローで延長戦・・・手数からして藤本有利な感じでしたが、はやり有効打がなかったからでしょうかね。
藤本はパンチのイメージが強かったのですが、今回はケリが良かったですね。
武蔵は見事にハイキックを決められてKO負け。この試合内容でKO負けでは引退をささやかれても仕方ないでしょうね・・・

●ジェロム・レ・バンナ vs 澤屋敷 純一○
今回のサプライズ!この試合には誰もが驚いたに違いない。
しかし、猛追してくるバンナに対してあの戦術は良かったですね。
ノーモーションから繰り出すカウンターも素晴らしかったです。
全盛期の勢いはなくなったとは言え、あのバンナからまさかのダウンを2度も取って勝利を収めるとは誰も予想しなかったでしょう。
いや~久々に期待できる日本人現るって感じですね。まさしく偉業と言っていいでしょう。
これでキックを覚えて試合慣れすればかなりの選手になりそうですよね。今後の試合に期待!

スーパー・ヘビー級初代王者決定戦
○セーム・シュルト vs レイ・セフォー●
わたしの好きなセフォーと嫌いなシュルトとの一戦(笑)
モーとホンマンの試合や 澤屋敷、バンナのサプライズな試合を観た後なので、否が応でもセフォーに期待がかかります。
前蹴りで牽制してくるシュルトの隙をついて左右のフックで攻め立てるセフォー。
しかも1Rの最後でセフォーのカウンターがシュルトの顎を打ち抜き、ダウン!!
こりゃ、マジ凄いことになっちゃうんじゃないの~!と期待が更に膨らむが、そこはさすがシュルト。
左カウンターの打ち下ろしがもろに入り、KO!
やはりデカイだけのホンマンとは格が違いますた・・・(^^;;
セフォーなら!って期待があったのですが、残念。やはり強いです。悔しい程に。
カリスマ性のないチャンピオンはいつまで続くのか・・・(;´Д`A ```

今回のK-1はなかなか素晴らしく熱い試合が多かったので、面白かったです。
今後のK-1の新たな展開に期待しつつ、更なるK-1らしさを強調した試合に期待したいですね。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2007-03-07 02:01 | 格闘技
K-1ワールドGP決勝戦
K-1ワールドGP決勝戦をTV観戦しました。

優勝したのは結局、セーム・シュルトのK-1ワールドGP2連覇という結果でしたが、今回の主役は敗者復活で武蔵を下して名乗りを上げたピーター・アーツだったかもしれません・・・そんな印象の強いK-1ワールドGP決勝戦でした。
はっきり言って、シュルトの試合は毎回同じような展開でつまらないのですが、今回のアーツ戦ははじめて’おもしろい!’って感じた試合でした。
とにかく今回はアーツの調子が良かったのか、どの試合も素晴らしかったですし、なんといっても男気があふれたシュルトとの戦いは身震いがしました。
本来なら4タイムズチャンピオンのアーネスト・ホーストの22年間の現役生活に終止符を打つ記念すべき大会だったので、主役はホーストだったんですけどね。すっかりアーツの戦いぶりでちょっとホーストの影がなっちゃった感が残念でした。
とは言え、ホーストの試合も相変わらず素晴らしかったので、引退は寂しいですが、今までありがとう、お疲れ様と言いたいです。

さて、今回の決勝はわたし的にはグラウベ・フェイトーザを一押ししていた訳で、ルスラン・カラエフとの試合で見せたあの死角から伸びてくる回し蹴り!まさに極真の極意である一撃必殺を絵に描いたような素晴らしいKOシーンで今回はいけるんじゃない??って大いに期待しました。
準決勝はレミー・ボンヤスキーとの対戦!とワクワクしていたのですが、ステファン・レコとの試合で金的を2発も食らい撃沈(^^;;
ボンヤスキーは残念ながら今回もツキに見放されてしまったようで、いくらアクシデントとは言え、いいところ見せることなく終わってしまいましたから相当悔しいでしょうね。
試合を観る限りではかなり痛そうでしたから、無理かも??とも思っていましたが、やはりドクターストップでグラウベの相手はリザーブファイトで勝ったアーツ(^^;;
1ラウンドはグラウベペースでウンウン、今のグラウベは最高にのってるからこのままの勢いで!って思ったら、2ラウンド目にアーツの怒涛の攻撃を受けて遭えなくダウン・・・なんともあっさりと期待を裏切られてしまいますた(涙)グラウベ、次回こそは期待してますよ~(^^;;

それと今回は実質決勝戦となるんでは?との噂の高かったシュルトと無冠の帝王ジェロム・レ・バンナとの対戦。
バンナはそれなりにがんばりましたが、どうもイマイチでしたね。顔面のパンチでのOK狙いに拘り過ぎではないでしょうかね・・・まぁ、それがバンナの哲学なら仕方ないのですが・・・ついついチェ・ホンマンとの1戦を思い起こしました(^^;;

今回はなかなかの試合揃いでしたが、わたしの中ではアーツはやっぱスゲーッ!っていう印象の強い決勝戦となりました。
とにかくはやく誰かがシュルトと倒してくれないとおもしろくないんですが(^^;;
こりゃもう、ミルコを呼び戻すしかないんじゃない?(爆)

*リザーブファイト2では、レイ・セフォー VS メルヴィン・マヌーフだったのかぁ、これ観たかったなぁ・・・(;´Д`A ```

『K-1ワールドGP決勝戦・試合結果』

【リザーブファイト】
× 武蔵 VS ピーター・アーツ ○

【準々決勝】
○ セーム・シュルト VS ジェロム・レ・バンナ ×
○ アーネスト・ホースト VS ハリッド“ディ・ファウスト”×
○ グラウベ・フェイトーザ VS ルスラン・カラエフ ×
○ レミー・ボンヤスキー VS ステファン・“ブリッツ”・レコ × (両者共にドクターストップにより、準決勝欠場)

【準決勝】
○ セーム・シュルト VS アーネスト・ホースト ×
× グラウベ・フェイトーザ VS ピーター・アーツ ○

【決勝】
○ セーム・シュルト VS ピーター・アーツ ×
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-12-03 00:45 | 格闘技
「K‐1 WORLD MAX 2006~世界王者対抗戦~」
遅くなりましたが月曜に放送した「K‐1 WORLD MAX 2006~世界王者対抗戦~」の一口レビューです。

○安廣 一哉 × アンディ・オロゴン●(3R判定)
今回もいきなり視聴率を意識した試合きましたね~(笑)
今回はボビーの弟のアンディ・オロゴンのデビュー戦で安廣と対戦。
アンディは想像していた以上にちゃんとしてましたね~1年でここまで仕上がれ ば今後も期待できるかも。
反対に安廣は優勢ではあったものの身長差とリーチの差に予想以上に苦戦しましたが、できればKOして欲しかったです残念。

○ブアカーオ・ポー.プラムック × 宍戸 大樹●(1RKO)
1R開始して15秒KO! うわっ!マジ!!って、思わず声が出ちゃいますた(^^;;
ブアカーオは更に強くなってますね~
宍戸は残念でしたが、あの試合内容ではなにもいうコトはありません。

○マイク・ザンビディス × TATSUJI●(3R判定)
正直言ってTATSUJIは良かったですねぇ。
ザンビディスに判定で負けはしましたが、じゅうぶん互角に戦ってましたしいい試合でした。
ザンビディスのパンチは相変わらず強そうだけど、後半疲れてくると大振りが目立つねぇ・・・

○ヴァージル・カラコダ × 前田 宏行●(2R TKO)
前田の飛び膝の奇襲作戦は効きましたね~
前田はカラコダからダウンを奪う程の戦いを見せましたが、残念ながらまぶたを切ってドクターストップによる2R TKO負け。
リベンジしたいところでしょ うね~次戦に期待。

○イアン・シャファー × 須藤 元気●(2R TKO)
2年ぶりのK-1リングに上がる元気。
今回はトリッキーだけでなくボクシングをしっかり練習してきたようですが、なんかいつもと変わんねぇ~(^^;;と 思っているうちにシャファーの後ろ回し蹴りがドンピシャで元気の顎を捕らえダウン!これぞ奇襲!って感じでしたが・・・
正統派に奇襲攻撃でやられてしまうのは元気のトリッキーキャラとしてマズイでしょう(爆)

○アルバート・クラウス × 佐藤 嘉洋●(3R判定)
ローキックとテンカオの佐藤とパンチのクラウス、自分流の戦いを変えず最後まで意地のぶつかり 合い!
いい試合でしたが、どちらも決定打がなく判定。
ローキックで地味な佐藤に対しアグレッシブなイメージの強いクラウスに軍配か?僅差ながらクラウスの勝利。

○HAYATO × アルトゥール・キシェンコ●(延長判定)
はい、キタ~!1R、2RカットでファイナルRからの放送( ̄Д ̄;;
どちらもアグレッシブに攻めまくり!ですが3Rで決着つかずドローで延長へ、
延長は判定でHAYATOが勝利。キシェンコはまだ19歳らしいので今後もまだまだ期待できそう。

○アンディ・サワー × 小比類巻 貴之●(3R判定)
やはりサワーは強い!コヒとサワーの力の差は残念ですが歴然でした。
1Rこそコヒのいいところもあったんですが、2R、3Rは完全サワーペースでクリンチするのが精一杯な状況。
コヒはKOこそされなかったですが、残念ながら完敗でしたね。


こう見ると日本人勢はヤバイっすね。
外人勢の押されているだけでなく、ここしばらくはブアカーオとサワーが飛びぬけた感じってのは変わりそうにありませんからね~そろそろ新たな展開が必要かも・・・

ブアカーオは魔裟斗とやりたいみたいですし、これでまた魔裟斗がどう動いてくるのか興味ありますね。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-09-07 01:07 | 格闘技
HERO'S ミドル&ライトヘビー級トーナメント準々決勝
HERO'Sは土曜の夜に出掛けていたので、昨日ビデオで観ました。
今回はSAKUが出場するってことで超期待満点だったのですが、うっかりスポーツニュースの見出しで「桜庭、KO寸前から大逆転初勝利」っていうのを見てしまう(涙)
結果を知ってから観るスポーツは楽しみ半減な訳ですが、とりあえずどんな試合をして逆転勝利を収めたのかそれはそれで興味津々で楽しみでした。・・・試合を観るまでは。

あの試合はホントにやばかったでしょう。
わたしは試合の結果を知ってしまったうえで観ていましたので、ケスタティス・スミルノヴァスの左ストレートをもろに顔面にくらって意識が飛んでしまったのを観て、ああホントにKO寸前だ・・・っていうか、もう普通ならこの時点でレフリーストップ、KOでもおかしくないよな・・・とか思いつつ、大逆転が待っている!と期待するもSAKUは意識がもうろうとしたままスミルノヴァスの容赦ない鉄槌があびせられ続けている。もうSAKUは本能のみでどうにか食い下がっている状態。
解説勢も意識が飛んで、本能のみで戦っているのを認識しているが、一向に試合は止まらない。
そのうち少し意識が回復してまたSAKUの打撃が始めるが、スミルノヴァスは戦力喪失のような感じ・・・解説ではスミルノヴァスは打ち疲れちゃいましたね~なんて言ってましたが、どう考えてももう意識の飛んでもうろうとした選手をこのまま殴り続けたらヤバイってのは殴っている本人が一番わかる訳ですから、もうこれ以上は無理だという本能が働いたのではないでしょうかね。確かにスタミナ切れもあったのかもしれませんが、わたしには少ないくともそう見えました。
結果、SAKUがどうにか最後は腕十字でKOとなり勝利しましたが、このまま殴り続けられていたら、選手生命を脅かす事態になっていた可能性もあるだけにこのレフリージャッジはただのミスジャッジでは済まされないですよね。
そもそもこのHERO'Sにはまだルールに関してのしっかりしたマニュアルができていないらしく、今回はレフリー、ジャッジ、ドクターすべてが機能しなかったというお粗末な事態。
スーパーバイザーという肩書きのある前田が危険を察知して試合を止めようとしたが、誰一人として聞き耳を持つものはいなかったらしい。
谷川EPは「自分のいた位置からはよく見えなかった。桜庭選手はよく亀の状態になるからレフェリーにとって判断が難しい」と最悪のコメント。
しっかり解説では意識がもうろうとしている中、本能だけで戦っていると認識していたはずなのにね・・・確かにTBS、主催側ではSAKUに負けてもらっては困るってのは分かりますけどね。その辺はファンだって同じ気持ちはある。だけど、前田の言うとおり「これはスポーツであって、殺し合いじゃない。周囲が選手を守ってあげなきゃ。まずは、安全が大事。選手が安心して戦えるようにしなくちゃ」まったくその通りだと思いますね。

しかし、秋山戦でもミスジャッジあったし、相変わらずのヘボ編集で、いい試合もあったのにすっかり後味悪くて仕方ない。
ある意味亀田の試合以上でしたよ・・・ホント、恐るべしTBS。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-08-08 00:21 | 格闘技
世界王者っすか・・・
亀田興毅の世界戦を帰ってきてからビデオで見ました。

結果は判定で亀田の勝利。
判定を聞いた瞬間誰もが「エッ!!!」とビックリマークいっぱいだったに違いない。
このビックリジャッジで喜ぶものもいれば、不満を漏らす人もいるでしょう・・・

K-1もそうですが、判定なんてなしにして、どちらがKOするまで戦ってくれ!
そうすりゃ、誰もが納得するよ・・・・

体調はだいぶ良くなってきましたが、気分が悪いので今日も早く寝ます(爆)
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-08-02 23:47 | 格闘技
| ページトップ |