Top

Toshiの「ROVER600」と「OLYMPUS PEN」で綴る日々の徒然日記
by backyardgarage
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
謹賀新年!
at 2014-01-01 18:49
大船フラワーセンター
at 2013-07-21 15:07
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-14 01:35
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-13 23:49
すっかりご無沙汰しております..
at 2013-06-16 03:14
タグ
(523)
(218)
(178)
(175)
(159)
(150)
(116)
(86)
(69)
(59)
(58)
(33)
(30)
(23)
(22)
(20)
(18)
(15)
(14)
(14)
(5)
(4)
(4)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
カテゴリ
全体
徒然
MY ROVER620
ファミリー
F1
趣味
カーライフ
オフ・イベント
PHOTO日記
TVウォッチン
映画ウォッチン
ホビー
Music
格闘技
ダイエット
Dear MG MIDGET
記事ランキング
画像一覧
最新のトラックバック
’12 F1ブラジルGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アメリカGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アブダビGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1インドGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1韓国GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1日本GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1シンガポールGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1イタリアGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ベルギーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ハンガリーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
フォロー中のブログ
まぁ,確かに,やっぱり,...
Rover 220 co...
湘南のJOHN LENN...
いいかげんな日記
対抗戦
♪digression♪
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
ブログジャンル
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
エクスペンダブルズ
スタローンをはじめ、往年の豪華アクションスターが集結したアクション映画「エクスペンダブルズ」の観賞レビューでつ。
若千ネタバレ要素ありなので、これから映画を観ようと思っている方はご注意を。

e0025695_21215645.jpg
内容はスタローン率いる傭兵部隊が悪い奴らをぶちのめすという単純明快な漢ぶり満載な痛快アクションエンターテイメント。

豪華アクションスターの面々は、シルヴェスター・スタローン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレンなどなどに加え、カメオ出演ではありますが、アーノルド・シュワルツェネッガーとブルース・ウィリスという豪華な顔ぶれ!w(゚o゚)w

その他、本格的な格闘シーンを撮るためにプロレスラーのスティーブ・オースティンや総合格闘家のランディ・クートゥア、しかも「PRIDE」で有名なブラジル出身の総合格闘家、ノゲイラ兄弟まで出演させちゃうところが驚きです( ̄O ̄;)
まぁ、ノゲイラ兄弟は敵のちょい役ですが・・・


このCG全盛の時代に体を張った怒涛のアクションシーンは、「CGがなんぼのもんじゃい!」っていう怒迫力ぶりと共に、「まだまだイケるぜ!」っつーオッサンパワー全開の気迫を感じずにはいられない程の痛快ぶりをみせてくれます。
さすがにCGとは迫力が一味も二味も違います。
青春時代に80年代のアクション映画を観て、熱くなった世代のオッサン達には堪らないものがあるんではないかとww
ある意味、その怒涛のアクションがこの映画の全てですので、ストーリー展開がどうのこうのと細かいことを気にせずに、頭の中を空っぽにして楽しめるかってのが重要となりますので、ある意味100点か0点か評価が両極端に分かれる映画かもしれません。
そう言った意味では、往年のアクションスター達の映画で盛り上がったことのない方々やアクションに興味無い女性軍達には、内容の薄っすいただのドンパチ映画にしか思えないかもしれませんし、しかもR15指定なので、戦闘シーンではそれなりにエグいシーンやグロいシーンなども出てきますので、娯楽映画とは言え彼女を連れてデートで観るには注意が必要な作品かもしれません・・・
個人的にはグロさより痛快感の方が勝っていたのもあって、特に気にならなかったので、この手の映画が好きな彼女ならバッチグーではありますけどね(;´▽`A``

とにかく全編にわたる戦闘シーンが見所なわけですが、スタローンって今何歳だっけ?って、思わず確認したくなってしまうくらいの肉体美と相変わらずの人間くさいアクションぶりは、現在64歳ってのを考えれば、もう驚異っすw( ̄△ ̄;)w

その他の皆さんも50代や40代ばっかりで、平均年齢も50歳イっちゃってるくらいの勢いなわけですが・・・
ちなみに「エクスペンダブルズ」とは、消耗品軍団という意味らしいですが、どんなけ長持ちな消耗品なんだよと(;´▽`A``

そんな平均年齢高すぎな最強軍国の中では、やたらジェイソン・ステイサムが若く見えたりするのですが、実はアラフォーなので決して若くはないんですよね・・・映画の中でもハゲ扱いだったし(爆)
とは言え、それでもやっぱり現役ですし、ステイサムのアクションが一番キレがあってカッコ良かったっすヾ(´ε`*)ゝ

そうそう、話題になったスタローン、シュワちゃん、ウィリスの夢の共演は、ワンシーンでアクションもないですが、3人揃い踏みのシーンでの会話が皮肉&ユーモアたっぷりでなかなか笑えました。

唯一残念だったのが、ヒロインの魅力の薄さでしょうか・・・(-。-;)
濃厚なお色気シーンはなくともやはり、この手の漢くさい映画には、とびっきりな美女は必須だと思うんですけどね~(;´▽`A``
まぁ、ある意味、スタローンらしいって言えばらしい感じはするけど・・・(;´Д`A ```

ってことで、オッサンパワー全開、漢臭さ満載の「エクスペンダブルズ」
熱いオッサン達は元より何も考えずにスカッとしたい方にお薦めです!ъ( ゚ー^)♪
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-27 21:33 | 映画ウォッチン
2010/F1第17戦・韓国GP決勝
今回がお初となる韓国GPは、韓国インターナショナル・サーキットの完成の遅れから開催が危ぶまれてましたが、どうにか無事に開催されたものの、なんと決勝はウエットレース・・・( ̄Д ̄;;

激しいウエットコンディションのために10分遅れでセーフティカー先導によリスタートしたものの赤旗中断。
50分後のレース再開時もセーフティカーランが長々と続き、17周目の終わりでやっとリスタート。

舗装が行われたばかりのコースは、グリップカが低いうえにウエットで更に滑りやすい路面となり、コースオフや接触、クラッシュが多発( ̄_ ̄ i)
しかも終盤は、日没時刻を過ぎてしまい、コース上はかなり暗い状態でさながら照明のないナイトレースだったようで、最後の最後までハラハラドキドキな波乱のレース展開となりましたが、そんな波乱なレースを見事制し、韓国GP初代ウィナーに輝いたのは、
我がフェラーリのアロンソ~!\(^▽^\)(/^▽^)/
e0025695_023182.jpg

今回もレッドブル勢のフロントロー独占で、日本GPのような展開を危惧しましたが、なんと早々にポイントリーダーのウェーバーが縁石に乗り上げ、スピンしてクラッシュ!更にはロズベルグも巻き込んでのリタイアとなり、しかもトップを快走していたベッテルも終盤にエンジンブローでリタイアと、レッドブルの2台がここに来てまさかのノーポイントという予想外の展開!w( ̄▽ ̄;)w
と言う、ある意味棚ぼた感ありましたが、運やツキもレースのうちですからね~歴とした勝利です!キッパリ。
e0025695_015524.jpg

そして2位には不運続きだったハミルトン、3位にはマッサが入り、フェラーリ久々の1-3フィニッシュ!
4位以下はシューマッハ、クビサ、リウッツイ、バリチェロ、可夢偉、ハイドフェルド、ヒュルケンベルグまでがポイント圏内。

今回の可夢偉は、日本GPほどのパフォーマンスは拝めませんでしたが、あの状況で8位ゲットは立派なもの。
またしてもマシンのサイドをぶつけられてしまった時はドキっとしましたが、今回も走りにダメージなかった辺りは、ツキも引き寄せる勢いを感じますね~
あと2戦も是非、ミラクル可夢偉の走りを魅せて欲しいです。

さてさて、タイトル争いは、これでアロンソがウェーバーのポイントを抜き、231ポイントで首位に返り咲き!
ウェーバーはアロンソと11ポイント差で続き、ハミルトンが21ポイント差でポイントランキング3位に浮上、ベッテルはノーポイントで25ポイント差でポイントランキング4位に。
バトンは奮わずの12位と痛いノーポイントで終わり、42ポイント差となり、タイトル争いに赤信号が点ってしまいましたが、残る4人はまだ25ポイント差内なので、あと2戦まだまだどう転ぶか分からないところです・・・が、
もし、次のブラジルでアロンソが優勝して、またしてもウェーバーがリタイア、もしくは5番手以降ならば、アロンソのタイトルが決ってしまうわけですけどね~。
今季のレース展開を見る限りでは、最後の最後まで縺れそうな気がしますね・・・
とりあえず、アロンソには残り2戦も表彰台の天辺に立ってくれることを願っております。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-27 00:03 | F1
読書の秋
クルマ通勤から電車通勤になって、早いものでもう2年が経過しました。
通勤時のバスや電車内では、もっぱら音楽を聴きながら居眠りってパターンでしたが、なんとなく時間がもったいない気がして、今年になってからはカミさんの影響もあって、文庫本を読むようになりました。
カミさんが読み終わったものを読むってパターンがほとんどなのですが、今は最近映画になった「悪人」の下巻を読んでます。

金曜は若干いつもより帰りが早かったのでもあって、電車が混んでいて座れませんでした。
そんな時は大概はドア付近に寄りかかって読むのですが、そこもいっぱい。
仕方なく吊り革に掴まって読むことにしましたが、慣れないせいか片手だと読みにくい・・・(;´Д`A ```
そんな状態で、どうにか読書を続けていると、わたしの前に座っている30代くらいのスーツを着たサラリーマンの方が、おもむろに鞄から何か大きなものを取り出すのが視界の片隅に入りまして、ふっと目を向けると、表紙に大きくひらがなで「きのこ」と書かれたぶっとく立派な図鑑(〃゚д゚;A
その百科事典並にぶっとい図鑑をを膝の上に乗せると、きのこの画像満載のページを広げ、おもむろにページをめくりはじめ、ちょっとビックリ!
周りの人も思わず注目みたいな・・・(;´▽`A``

もう、それを見た瞬間から、気になって気になって、文庫本の行を目で追っているだけで、まったく頭に入いらなくなっちゃいまして(^^;;
そのぶっとく立派な図鑑を電車の中で広げて読んじゃう度胸と言うか、そもそもその重い本を持ち歩いていること自体がすげえなと、思わず感心・・・
いやっ、それは感心なのか?(^^;;

秋はきのこの美味しい季節ですし、週末にきのこ狩りにでも行く準備なのでしょうか・・・
それとも、ただ単にきのこ大好き、マニアなお方なのか、思わずいろいろ想像せずにはいられませんでしたが、人が何を読もうが勝手なので、ほっとけ!って話なんですけどね・・・(;´▽`A``

いや~素晴らしき読書の秋ですね~(笑

ってことで、今週の1枚。
ちなみに画像は本文とは関係ありませんw
e0025695_21767.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-24 02:30 | 徒然
夏の連ドラ言いたい放題’10
すっかり夏の連ドラも終わって、秋クールの連ドラマが既に始まってしまいましたが、遅れ馳せながら恒例夏の連ドラ言いたい放題を・・・(;´▽`A``

今クールで最後まで観たのは、「ホタルノヒカリ2」「ジョーカー 許されざる捜査官」「逃亡弁護士」「IRIS-アイリス-」の4本。

今クールは、前作が面白かった干物女、綾瀬はるかタソの「ホタルノヒカリ2」」が個人的に一押しだったんですが、思っていたほど盛り上がらなかったなぁ・・・ってのが正直なところ。
前作の放送からもう3年も経ってるんで、前作が単に面白かったって印象しか残ってないってのもありますが・・・
何はともあれ、綾瀬はるかタソは、相変わらず可愛かったぞとw

ってことで、今クールで一番面白かったのは「ジョーカー 許されざる捜査官」かな。
法の裁きを逃れた犯罪者に制裁を下すというストーリーは、現代版'必殺仕事人'的ドラマ要素があって、なかなか痛快で面白かったです。
昼間は温厚でお人好し、夜になると凶悪犯に正義の鉄鎚を下す冷酷な制裁者になるという2つの顔を持つ刑事を演じた堺雅人でしたが、正直言って、表の顔と裏の顔のギャップをあまり感じなかったと言うか、冷酷な制裁者って雰囲気では決してなかったですよね・・・
まぁ、見るからに人の良さそうなキャラの堺雅人が、冷酷な制裁者役をやるって点では、ある意味ギャップがあって面白かったってのはありますが(^^;;
強いて言えば、話の核となる「ジョーカー」なる警察上層部の裏組織の存在と言うか、設定にちょっと詰めの甘さを感るところが少々残念でしたが、脇を固める俳優陣もなかなかでしたし、あの終わり方からすると続編も期待できそうな感じですかね。

そして、密かに面白かったのが、「IRIS-アイリス-」
2クール連続の放送となりましたが、話題になったわりに視聴率はかなり低かったようで・・・( ̄Д ̄;;
韓流好きなオバサマくらいしか観てなかったってことでしょうか
わたし的には特に韓流ファンではないですが、韓流好きじゃなくっても結構面白い内容だったと思うんですけどね~
イロ男ぶりをドラマでも発揮していたイ・ビョンホンの吹き替えが藤原竜也ってのは、なんかすんごく違和感ありましたが、ヒロイン役のキム・テヒはメチャ可愛かったっす♪
以前「天国の階段」って韓流ドラマに出ていた記憶がありますが、当時に比べてずいぶんとお美しくなられたようで、もうツンデレぶりが最高ですた(*´ェ`*)
そう言えば、「僕カノ」に出ていた凛ちゃん役の美山加恋ちゃんが出演していてびっくり!いつの間に国際派女優に!(〃゚д゚;A
って言うか、すっかりお嬢様になっていて2度びっくりw
しかし、それ以上にびっくりだったのが、ラストシーン。
ハッピーエンドで終わると見せかけて、最後は・・・って言うところが、さすが韓流ドラマってところなんでしょうかヾ(;´▽`A``

そして、次点に上地雄輔の初主演ドラマ「逃亡弁護士」
雄輔のセリフが微妙に棒読みなのが気になりましたが、内容的には、ハリソン・フォードの「逃亡者」の弁護士版的なストーリーだったのでなかなか面白かったですし、逃亡途中で毎度出会う、法律で苦しむ一般人を助けるくだりは、なかなか良かったです。

夏クールのドラマは、リタイアしちゃったものも多く、正直言ってちよっと不作気味だったかなと・・・(;´Д`A ```

ってことで、秋クールのドラマは既に何本か観始めていますが、今のところ、SPEC(スペック)がめちや面白い!
他にも面白そうなドラマが多そうなので、今クールには期待です。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-21 21:13 | TVウォッチン
逗子マリーナの夕陽
今日は天気もそこそこ良かったので、夕方から逗子マリーナへ夕陽の写真を撮りに行ってきました。

我が家からはそれほど離れていないのですが、途中でガソリンを入れたり、道中若干渋滞してたりでちょっと遅くなってしまったのですが、どうにかギリで夕陽が沈むまでに間に合いました。
ただ、雲が多かったのと、もう既に沈みかけていたのもあって、あまり綺麗な夕陽は拝めなかったのが少々残念でした・・・

逗子マリーナのヨットハーバー越しに夕陽を望む
e0025695_2345438.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

岸壁から夕陽を望む・・・右側にちょこんと写っているのは、江ノ島です。
e0025695_2215466.jpg

暗くなってくると逗子マリーナのパームツリーもライトアップされて、リゾートな雰囲気満点に
e0025695_23504544.jpg

逗子マリーナにあるシーサイドリビエラでは、結婚式をやってました。
海に面したシーサイドチャペルは、目の前に青い空と青い海が広がって素晴らしいでしょうけど、夕陽をバックになんてシチュエーションもさぞかしロマンチックなんでしょうね~(*´ェ`*)
e0025695_2350238.jpg

いつもなら路駐しちゃうところですが、今日は休日ですし、駐禁をとられてもバカらしいですし、ハラハラしながら写真を撮るのも落ち着かないので、今日は駐車場に止めまして、なんだかんだで1時間半くらい写真を撮って出てきたのですが、なんと、駐車料金1600円!(〃゚д゚;A

まぁ、駐禁とられたことを思えば安いので、ヨシとしようと自分に言い聞かせて帰ってきましたが、それにしても高すぎじゃないっすか・・・さすが高級リゾート地、逗子マリーナ・・・恐るべし( ̄Д ̄;;

e0025695_23494157.jpg


と、ちょっと予想外の出費となってしまいましたが、そこそこ素敵な写真が撮れたので満足です(^^;;

続きはこちらで・・・
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-17 02:57 | PHOTO日記
箱根・彫刻の森美術館
3連休の最終日は晴れだったので、久々に箱根にドライブヘ行ってきました。
クルマも流れも箱根付近までは順調で、さすがに紅葉もまだまだなので、まだ箱根も空いているんじゃと期待したんですが、そこはさすがに休日の観光地、気候も良く天気も良かっただけにやはり結構混んでました。
まぁ、紅業本番の時期にくらべればマシな方ではありましたけどね。

ってことで、いつもの如く箱根入回の合流での渋滞を抜け、今回は芸術の秋ってことで、「箱根・彫刻の森美術館」に行ってきました。
e0025695_2125924.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

彫刻の森は結婚する前に行ったきりの超久々の訪間だったので、記憶が薄くて、「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」というステンドグラスがキレイな塔と以前フジテレビの天気予報でバックに映っていた彫刻達くらいしか記憶がなかったのですが、意外にも広い園内には子ども達がいろいろと遊べる場所や足湯などもあって、美術館らしからぬファミリー向けな一面もあったとは、まったく記憶にありませんでした(汗)
美術館って言うと、興味のない子ども達には退屈な場所でもありますから、大人やカップルのみならず、家族連れでもアートに触れ合いながら楽しめるってのもいいですし、オープンエアー中心なので、散策しながら箱根の四季とアートを味わえるってのも彫刻の森美術館の醍醐味ですね。

子ども達が遊べる遊具などもれっきとした造形作品で、プレイスカルプチャー(遊戯彫刻)と言うらしいですが、子ども達が盛り上がったのが、「ネットの森」というカラフルな手編みのネットがいくつもつなぎ合わされた巨大なハンモックの造形作品。
e0025695_21272096.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

気持ち良さそうでしたが、小学生までしか入れないとのことで、断念(^^;;

それと、ダイヤモンドの結晶構造を拡大した、ジャングルジムのように遊べる作品の「しゃぼん玉のお城」
e0025695_212843100.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

一度遊び出すと長いんですよね~(-。-;)
まぁ、わたしらはとっては、いい休憩タイムになっていいんですけど・・・

他には滑り台などもある「子どものための造形広場」や星の形をした迷路の「星の庭」など、思っていた以上に子ども達が楽しめるところも充実してました。


ピカソ館には、現在300点の絵画、版画、素描、陶芸作品等のコレクションがあるそうで、定期的に展示作品の入替えを行っているそうです。
e0025695_21301673.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6」

ピカソというと個人的に絵画のイメージが強いですが、どちらかと言うと版画や陶芸作品が主体の展示で、はっきり言って、ピカソくらいの域の偉大な芸術になると、わたしのような凡人にはその素晴らしさが良く分からず・・・(;´▽`A``
子ども達は自分にも描けそうとか言っちゃってるしw
わたしなんか陶芸作品の皿に書かれた絵など見ながら、何故か「さくらももこ」の変顔の絵を連想しちゃったりと(爆)

まったく、偉大なる芸術家の作品を前に失礼極まりない家族ですね・・・( ̄Д ̄;;
e0025695_215775.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

そしてわたしが唯一覚えていた「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」
e0025695_21321120.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

内側から見るとステンドグラスがキラキラと幻想的な輝きを放ち、螺旋階段を登っていくと頂上は展望台になっていて野外展示場を一望することができます。
e0025695_21333267.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」


温泉足湯「ほっとふっと」
e0025695_21345552.jpg美術館の敷地内から湧出る温泉を利用した、源泉掛け流しの本物の天然温泉だそうで、足の疲れを癒してくれます。
オープンエアでアートを鑑賞しながら足湯で癒されるなんて、箱根ならではのプチ贅沢ってか(;´▽`A``

OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」


野外彫刻は、全ての作品をカメラに収めませんでしたが、いくつかご紹介。
↓ ↓ ↓ ↓

野外彫刻のご紹介はこちら♪
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-13 22:30 | ファミリー
2010/F1第16戦・日本GP決勝
ついにやってきた鈴鹿。
今回は大雨で予選が決勝当日の朝に行われるという波乱もありましたが、見事な晴天となった日本GP決勝。

前評判通り、レッドブルの2台がフロントローを独占から今季3度目の1-2フィニッシュというぐうの音も出ない完全勝利。
ベッテルはポール・トウロウインを決め、今季3勝目。
2戦連続でポール・トゥ・ウインを決めたアロンソもさすがにレッドブル勢には敵わずの3位(;´Д`A ```
これで、タイトル争いではベッテルがアロンソと同ポイントのランキング3位に浮上。
しぶといウェーバーは今回2位フィニッシュでアロンソとのポイント差を14に広げ、首位キープ。
e0025695_23112951.jpg

2戦連続リタイアで起死回生を図るハミルトンは、今回も不運続き…・フリー走行でのクラッシュから始まり、予選でのギアボックス交換、更には決勝でまたしてもギアボックストラブル発生と、どうにか3戦連続のリタイアは免れたものの、結局5位フィニッシュという痛い週末に・・・ヾ(;´▽`A``
これでタイトル争いでは、ランキング4位に後退。
バトンは4位に入ったもののポイントの差は更に広がり、マクラーレン勢はタイトル争いに暗雲か!?

不運続きと言えば、マッサ・・・
今回の日本GP参加してました?って思っちゃうほどの活躍で( ̄Д ̄;;
予選12位はまだしもターン1でいきなりの接触リタイアとは・・・残り3戦、コンストラクターも含め、タイトル争いをかき回す位の活躍に期待でつ。

レース結果はマクラーレン勢の4,5位に続き、シューマッハ、可夢偉、ハイドフェルド、バリチェロ、ブエミまでがポイント圏内となりましたが、なんと言っても今回の日本GPの主役は間違いなく可夢偉だったんではないでしょうか!
e0025695_23115164.jpg

予選は14番手と冴えなかったものの決勝での走りは、まさにミラクル!(〃゚д゚;A
ヘアピンでのオーバーテイク劇はもう鳥肌ものでした。
中盤でのアルグエルスアリ、スーティルのオーバーテイクも見事でしたが、タイヤ交換後の12番手からの怒涛の追い上げ&オーバーテイクは凄かった!
再度アルグエルスアリをなんとヘアピンのアウト側からオーバーテイク!
接触しちゃった時はヒヤヒヤしましたが、ダメージを負ったあのマシンで自己ベストを更新しながらも今度はバリチエロ、ハイドフェルドまでもオーバーテイクして、最終的には7位フィニッシュ!
いや~素晴らしすぎです(*´∇`*)
抜きどころが少なく、シケインでのオーバーテイクがセオリーの鈴鹿で、すべてヘアピンでオーバーテイクを仕掛ける辺りが思いつきりのいい可夢偉らしいっす。
今年、ヘアピンを選択した観客は最高だったでしょうね~(羨)
いや~それにしても改めて可夢偉のすごさを実感。
こんな走りを見せられちゃうと、もっと速いマシンに乗って欲しいと願わずにはいられませんが、パナソニックが可夢偉のスポンサーを検討中らしいですし、今後の今後の展開によっては、可夢偉が近い将来に上位チームで活躍する姿を拝める日がくるのも夢ではないかもしれませんね~
残り3戦も是非、ミラクル可夢偉の走りを見せてほしいですъ( ゚ー^)

と、タイトル争いじゃないところで盛り上がった日本GPでしたが(^^;;;
依然としてウェーバー有利な状況が続く中、ベッテルも追い上げてきましたから、残り3戦を如何にフェラーリがレッドブル勢より上位入賞できるかですね。
出来れば、フェラーリの1-2が理想なんですが・・・
ってとこで、まずは次回韓国で初代ウィナーにアロンソが輝き、フェラーリの1-2という雄姿を拝めること願っております!!
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-12 23:13 | F1
バルブ救出作戦再び・・・
先日、運転席側のポジションランプが点灯してないのを発見しまして・・・

LEDのポジションランプに交換して約1年ほどなので、LEDにしては寿命が短いと思いましたが、メーカーものではなく、ショップのオリジナル品ですし、ポジションランプのハウジングに入らない大きさだったのを無理やり削って装着してるのもあって、仕方ないか・・・なんて思っていたんですが、そう言えば、以前も接触不良で点灯しないことがあったな・・・と思いだし、試しにポジションのコネクタを弄ってみると、一瞬点いたり消えたりと・・・う~ん、どうやら、やっぱり接触不良のようです。

通常なら一度外してしっかり差し込み直すだけの数分で済む簡単な作業なのですが・・・

以前ブログに書きましたが、助手席側が接触不良を起こした際にポジションランプを抜こうと思ったら、LEDバルブの口金の形状がゆるくて抜けやすいうえに無理やり削って装着しているのもあって、穴にささったままコネクタだけ外れてしまい、しかもLEDバルブを穴から抜こうと思った瞬間、ヘッドライトハウジング内に落ちてしまうという厄介な目に遭ったので、正直あまりやりたくない作業なんですが、さすがにこのまま放って置くわけにもいかないので、とりあえず夕方から実家に行く予定があったので、それまでの間にってことで、さっそく作業開始することに。

とりあえず、ポジションランプをマイナスドライバーでテコの原理を使ってスポッと抜いてみます。
案の定、穴にLEDがささったままコネクタが外れちゃいました・・・(-"-;A ...
と、まあ、これは助手席側の時と同じ状況ですから想定内でしたが、肝心なのは、この状況からいかにヘッドライトハウジング内に落ちないようにLEDバルブを抜き取るかです。

まずは、運転席側のヘッドライト裏側にはバッテリーがあって狭くて作業し難いので、バッテリーを外して作業スペースを確保します。
状況はポジションの取り付け穴からコネクタに差し込む口金が若干見えているものの、口金部分は穴からはほとんど出ていない状態ですので、まず穴から若干見えている口金部分を両面テープをつけたピンセットで引っ張り、ラジペンで確実に掴める程度穴から引き出すという作戦をとりましたが、どうやらLEDバルブが穴のどこかに引っ掛っているようで、ピンセットくらいでは引き出せませんでした・・・ってことで、作戦失敗(;´Д`A ```

結局、この状態からラジペンで慎重に挟んで引っこ抜くしか方法はなさそうです。
うまい具合に引抜くには、慎重に広げたラジペンをLEDバルブに当たらないように狭い穴の中へ入れ、一気に口金部分を掴まなければ、確実に前回の二の舞です・・・

そして、緊張の一瞬でしたが、今回は見事に掴むことに成功!
ヨッシャ!ってことで、引っ張ってみますが、どこかに引っ掛っているようで、なかなか抜けません・・・( ̄Д ̄;;
ちょっと焦りつつもグイっと強く引っ掛った瞬間、勢い余ってラジペンが抜けちゃいまして、その勢いでバルブはコロン・・・とハウジングの中へ・・・∑(; ̄□ ̄A

あちゃ~またやっちまった・・・( ̄Д ̄;;
ハウジングの中に転がったLEDバルブを眺めつつ、またしても途方に暮れるわたし・・・(;´Д`A ```

またしてもこの小さなポジションランプの穴から救出しなければならない羽目になってしまいましたが、一応、実績があるので、気を取り直して前回同様に太めの針金の先端に両面テープをくっつけて穴から引き上げる作戦をさっそく開始。

うまい具合に口金部分の後ろ側に針金の先端を真っ直ぐくっつくようにしないと穴に引き入れることができないのが難しいところ。
今回は強力な両面テープを使った為、口金部分をじゃないところに一旦くっ付くとなかなか離れてくれず、一度穴まで引き上げて無理やリバルブを針金から引き離さないとならないので、そうすると右ヘコロコロ・・・左ヘコロコロ・・・あらゆる方向へ転がっていくので、穴に引き上げるどころか、針金をあの小さな穴から操って、口金部分の後ろ側にくっ付けるだけで一苦労(-"-;A ...
前回は比較的短時間で攻略できたような記憶があるんですが、その時の達成感による思い違いだったのか・・・(;´Д`A ```
何10回かに1回くらい・・・いやっ何百回に1回か?は、穴の中にまで引き込むことができるのですが、引き上げるまでには至らず・・・( ̄Д ̄;;
落しは拾い、右ヘコロコロ・・・左ヘコロコロ・・・拾っては落しを繰り返し、途中挫けそうになったり、キレそうになりながらも、一度成功してるんだからと、もうここまで来ると信念というより意地ですね・・・。

と、そんな思いがどうにか通じたのか、何度目かの穴への引き込みでやっと救出に成功!ヽ(^◇^*)/
今回なんだかんだで費やすた時間は、なんと約3時間!(疲
ずっと中腰姿勢で作業してたので、腰は痛いは肩は凝るはで、救出に成功した時は、喜びとともにドッと疲労感が・・・(;´Д`A ```

苦労して外したLEDバルブをとりあえずはめる前にコネクタに接続して点灯させてみると、無事点灯。
やはり接触不良だったようです。
いっそのこと、もう外れないように瞬間接着剤で着けてやろうかとも思いましたが、とりあえず接触不良防止と、もしもの時にまたコネクタだけが抜けちゃわないようにコネクタとの接続部分にシールテープをグルグル巻きにしておきましたが、ペンチでグイグイ引つ張らないと抜けないくらいなので、また抜けちゃうかもしれませんけど・・・。
e0025695_23555661.jpg

しかし、今回もある程度はこんな事態になるかも・・・と言う予想はあったものの、まさかここまで苦労するとは思いませんでしたので、実家に行く予定だった時間をすっかりオーバー。
慌てて支度して出掛けましたが、もう既に外は薄暗くなってましたので、スモールを点けて一応確認・・・

つ、点いてねえじゃねえかぁぁぁぁぁ!!∑(; ̄ロ ̄lll) 


これを見た時は、疲労感倍増・・・正直泣きそうになりましたね。俺のあの苦労はなんだったんだと・・・(-"-;A
がっくり肩を落として実家に行きまして、帰りがけにもう1度確認したら、今度は点いてるし・・・( ´△`)

ってことで、結局は接触不良は解決してませんでした。チャンチャン・・・(;´Д`A ```

って、もうバルブ抜きたくねぇよぉ~(ノд・。)
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-06 23:56 | MY ROVER620
ドア内張りデッドニング
昨日は、先日やったデッドニングの続き、内張りのデッドニングをしました。

先日のデッドニング作業で、ドアの鉄板部分を制振、防音作業をしているので、内装のビビリも最小限となっているばずですが、とりあえずビビリが出そうな場所に制振材を貼ります。
特にビビリの症状も出ていないのと、ただでさえデッドニングで重くなっているので、ドア内張りに貼る制振材は最小限にとどめました。

e0025695_0382860.jpg

貼った場所は、ウッドパネルの裏側とスピーカー横のポケット部分。
ウッドパネルはネジ留めでも接着でもなく、フックで嵌っているだけなので、ビビリの原因となる可能性がある為、一応制振材を貼っておきました。
スピーカー横のポケット部分は、ドア内張りと別体のパネルでネジ留めされていますし、ポケット部分にドリンクホルダーやモノを収納するので、一応ここにも制振材を。

次にエプトシーラーで更にドア内張りのビビリ防止+防音処理をします。
内張り全体に貼るのがベストかもしれませんが、足りなそうだったので、今回は小分けでポイントポイントに貼り付けました。
貼り付け箇所はこんな感じ。
e0025695_0395649.jpg

ビビリが出そうな場所を重点的に貼り、あとはスピーカーグリルから音が内装内側に漏れてこないように貼り、スピーカー周りもグルッと覆うようにエプトシーラーを貼り付けました。
内側に通っているフリーになっているハーネスにもエプトシーラーを巻いて音が出ないよう処理して、内張りのデッドニングは終了。

今回はドア内張りを外したついでに薄汚れていたスピーカーグリルに貼ってるサランネットも洗濯しましたので、ここもすっきり綺麗になりました。

これでフロントドアのデッドニング作業は完成です。
最近は週末しかクルマに乗らないので、内張りのデッドニング追加での音の変化はあったのかは、はっきり分からないですが(^^;;
先日にデッドニングした際に書いた通り、これで本来スピーカー前面から出る音がクリアに出るようになったので、とても聴きやすい音になりました。
特に低音は大違いで、締まった音になりましたね。
ドアの開閉音もかなり重厚で高級感アップですし、オーディオの外への音漏れもだいぶ減ったんじゃないかと思います。
まぁ、窓を開けてれば一緒なんですけどね(^^;;


デッドニング前に比べれば、かなり良くなった訳ですが、音が良くなってくると更にいい音で聴きたいって欲望がww
フロントのスピーカーって先代の620を購入した際に交換したモノだったような・・・ってことは、もう何年使ってんだ(汗)
今回作業した際にスピーカーも確認しましたが、特にコーン紙やエッジの破れ等もなかったのでまだ大丈夫そうでしたが、それほど高級品ではなかった当時のカロのスピーカーなので、そろそろそこそこの性能の新しいスピーカーに交換したら更にいい音になるんだろうな・・・なんて、欲望がw
まぁ、とりあえずは現状で不満はないですし、お金もないので、またの機会に交換しようと思いますが、泥沼にはまらない様気をつけたいと思います(^^;;
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2010-10-04 00:41 | MY ROVER620
| ページトップ |