Top

Toshiの「ROVER600」と「OLYMPUS PEN」で綴る日々の徒然日記
by backyardgarage
最新の記事
謹賀新年!
at 2014-01-01 18:49
大船フラワーセンター
at 2013-07-21 15:07
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-14 01:35
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-13 23:49
すっかりご無沙汰しております..
at 2013-06-16 03:14
タグ
(523)
(218)
(178)
(175)
(159)
(150)
(116)
(86)
(69)
(59)
(58)
(33)
(30)
(23)
(22)
(20)
(18)
(15)
(14)
(14)
(5)
(4)
(4)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
カテゴリ
全体
徒然
MY ROVER620
ファミリー
F1
趣味
カーライフ
オフ・イベント
PHOTO日記
TVウォッチン
映画ウォッチン
ホビー
Music
格闘技
ダイエット
Dear MG MIDGET
記事ランキング
画像一覧
最新のトラックバック
’12 F1ブラジルGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アメリカGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アブダビGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1インドGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1韓国GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1日本GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1シンガポールGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1イタリアGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ベルギーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ハンガリーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
フォロー中のブログ
まぁ,確かに,やっぱり,...
Rover 220 co...
湘南のJOHN LENN...
いいかげんな日記
対抗戦
♪digression♪
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
ブログジャンル
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
グレープのG
最近、あいうえおシートで「りんごの り」とか「かえるの か」と絵と文字でひらがなを覚え始めた3歳の娘。
覚えるのが楽しいらしく、トイレにも貼られたおいうえおシートでもトイレ中に大きな声でお勉強(笑)

今朝は新調したアルファベットシートの書かれたランチョンマットを見ながらアルファベットのお勉強。
わたし「これな~んだ?」
娘 「ん~・・・シィ?」
わたし「残念、これはピー(P)ね。パイナップルのピー」
娘 「ピー。パイナップルのピー」

わたし「じゃあ、これは?」
娘 「う~んと、エー!」
わたし「正解!すごいじゃん。アップルのエー(A)ね」

するとそこへお兄ちゃんがやってきて
得意げに「アッポー(apple)のエー!(A)」と横入り(^^;;
私「おっ、発音もいいね~(笑)じゃあ、これは?」
お兄ちゃん「オーレンジ(orange)のオー!(O)」
娘 「・・・・・」
私「ヨシヨシ正解!これはオレンジのオー(O)ね」

お兄ちゃんが横入りしてきて先に答えたもんだからちょっと不機嫌なご様子(^^;;
娘 「わたしがやってるんだからお兄ちゃんジャマしないで!」
お兄ちゃん「いいじゃん、一緒にやったって」
わたし「ヨシヨシ、じゃあ、一緒に仲良くやろう」「じゃあ、これは?」
お兄ちゃん「パインナッポー(pineapple)のピー!(P)」 
娘「パイナップルのピー!」
私「フムフム、じゃ、これは?」
お兄ちゃん「チェリー(cherry)のシー!(C)」
娘「・・サクランボの・・・シー!」
私「ヨシヨシ、じゃ、これは?」
すると今度はお兄ちゃんより早く娘が、「あ~これ知ってる~!」とひと際大きい声で答えました

「これはね~ ブドウのブー!!」(爆)

一同大爆笑でした。
あおいちゃん、気持ちはわかるけど、残念ながらアルファベットに「ブー」ってのはないから(笑)
答えは「グレープのGなんだな」(^^;;


あれ?こうやって書いてみるとあまり面白くないかな?
朝は家族揃って大爆笑で、わたしなんて笑いが止まんなかったんですが(^^;;
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-30 18:15 | ファミリー
何色がお好き?
620も10周年を迎え、春先の3月頃に全塗装でリフレッシュの予定でしたが、4月に子供2人がそれぞれ小学校、幼稚園に入るってことで思いの他物入りでして、棚上げ状態になっております(涙)
最悪、夏の某茄子までお預けになる可能性もありますが、どうにか梅雨までには作業したいところです。

全塗装といってもピンキリですが、わたしの場合は費用優先のマスキング塗り(^^;;
確かにパーツを外して塗った方が断然キレイに塗れますが、パーツを外せば外しただけ金額も上がっていきます。はっきり言って、これがリセールバリューの高い人気車種ならそこまでお金をかけて塗装する甲斐もあるんでしょうが、所詮査定0の自己満足の範疇でする全塗装ですから、正直言っちゃえば、パッと見キレイな状態になればそれだけで十分なんです。
兎に角、現状の白曇したみすぼらしい塗装とはおさらばして、洗車の度に毎回キズ隠しワックスを掛けなければならない重労働の日々から開放されて、楽になりたい!って気持ちが大きいですかね・・・(^^;;

友人や会社の同僚に全塗装するって言うと、まず驚かれます(笑)
ただでさえ10年乗っていて驚かれているのに全塗装までしてまだ乗るか!って反応が見えみえ(^^;;
そんで、必ず「へぇ、そんで何色に塗るの?」って聞かれますので、「え~と、ピンクか黄色で迷ってるんだよね~」って答えてます(爆)

ってことで肝心の色ですが、どうせ全塗装するなら600には標準で設定のない色もいいかなぁ、なんて色々考えたりもしました。
それは最近国産でも流行りの水色系・・・水色と言えば、75にあるウエッジウッドブルーは上品且つお洒落で素敵な色ですが、わたしがときめいたのはアルファロメオにあるヌヴォラブルーっていう水色系のパール。って言うか、所謂マジョーラの一種なのかな?光の当たり具合で表情が微妙に変わってすごくキレイで、お洒落でいてスポーティな雰囲気もあって思わず一目惚れ(笑)
↓ちなみにこちらがヌヴォラブルー。やはり写真だとあの発色を出すのは無理ですね。
e0025695_22573316.jpg
水色ならドアの裏側やエンジンルームがブルーでも違和感はそんなないかな?なんて無理やり思ったり(^^;;




しかし、このカラーはアルファではオプション扱いでなんと、27万だって!(驚)
そんな高い塗料じゃ間違いなく無理っす(汗)

ってことで、やはりマスキング塗装ってこともあって、粗が目立たない一番無難な同色系にする予定ですが、まったく同じってのもツマラナイので、カリビアンブルーではなく、75のアトランティックブルーにしようかな?なんて思ってますが、パッと見違いが良く分かりませんので、あまり意味ないかな(^^;;

↓手前がカリビアンブルーの我620、奥がいまいさんのアトランティックブルーの75。
e0025695_2259139.jpg
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-29 17:26 | MY ROVER620
フォグランプ・メッシュカバー作成
今日は先日どこかに落としてしまったフォグカバー。
やはりある物がないっていうのは、なんかとっても気になるもので、しかも片方だけないってのはいかにも外れてます!って感じでしたので、両方外して、ちょっとスパルタン(笑)な感じにして誤魔化してしましたが、やはりフォグ配線やらフレームやらが丸見えでちょっとみすぼらしいので、以前フォグカバーの上に付けていたメッシュが再利用できるかな?と合わせてみましたが、サイズが小さすぎで使えませんでした。
仕方ないので、グリルやインテークに使用したアルミメッシュの残りでフォグカバーを新たに作成しました。
e0025695_139079.jpg

採寸してプラ板で枠を作り、メッシュを貼り付け、ゴムで周り保護して完成。
今回はフォグカバーがないので、どうやって取り付けようか悩みましたが、カバーを外した部分の奥に段があったので、そこに強力両面テープで貼り付け。メッシュ自体がアルミ製で軽いのでまず外れることはないと思います。
パッと見、グリルをメッシュにした時も感じましたが、インテークの部分との色の差が気になります(^^;;
とりあえず、以前の見慣れたフォグメッシュ仕様に戻った感じなので、新鮮味はありませんね(汗)
とりあえず、フォグカバーは、これで一件落着っす。

ついでにこの間の染めQで染めたステアリング。
先日の画像は染めQ1本使用で足りなくなった状態での画像でしたので、ちょっとテカッていてイマイチ質感が良くなかったので、改めて完成仕様の画像を掲載。
おかげさまで先日のこっそりオフでも皆さんに好評でした(笑)
よーく見ると脱脂が不十分だったところの塗料が弾けてしまってる箇所もありますが、パッと見は純正のステアリングのようで、質感もしっとりとしていて上々です。
塗装の剥げやひび割れ等もありませんが、若干すべる感じはありますので、気合入れて走る時はドライビンググローブが欲しくなりますね(笑)
ステアリングがきれいになると気になるのが、かなり疲れた感じのシフトノブ・・・染めQで染めるか作り直すか検討中です。
本当はウッドのシフトノブが欲しいんですけどね~理想的なのがないんですよねぇ。
e0025695_1392093.jpg

[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-26 23:38 | MY ROVER620
コピー天国・中国の実態(^^;;
さあ、このクルマはなんでしょうか? 
e0025695_2501481.jpg

ホンダ CR-Vって答えた人、ブーブー不正解です(^^;;

正解は中国メーカー双環汽車が生産している「宝来S-RV」つークルマ。
本物のホンダ CR-Vはこちら↓
e0025695_2503973.jpg

しかしパクリどころではなく、完全なるデッドコピーですが、これが堂々と販売されているって言うんですから驚きです。
当然、ホンダだって黙っちゃいません。双環汽車を2003年に北京の裁判所に意匠権侵害で訴えを起こしました。
その結果、なんと中国国家知識産権局(特許庁に相当)は、ホンダの「CR-V」の意匠権は「無効」との審判を下しました。
意匠権は「無効」にした理由がこれまた驚きです。
ホンダは2001年に「CR-V」の外観設計に関する意匠権を北京の裁判所に申請し、2002年に認められているのですが、今回の裁判で同局は「現在の「CR-V」の外観設計が1995年に発売した前モデルと似ていて消費者が混乱する」との理由で新型「CR-V」の意匠権はないと判断。ホンダの「CR-V」の意匠権そのものを取り消した。

思わず「はっ?」って聞きなおしたい心境ですが、これが中国、コピー天国の実態のようです(^^;;

自社の前モデルと新型のデザインが似ていてるからと言って意匠権を剥奪しておいて、他メーカーがそっくりなクルマを出してもおとがめなしってのはあまりにも不条理な判断ではないか。そもそも同じメーカーの前モデルと新型のデザインが似ていてるからと言って消費者が混乱するつー考えが理解できん。
これじゃデザインアイデンティティを持ったメーカーは意匠権を持てないことになって、コピーされ放題つーことになるね。
いったい何のための「意匠権」なのか、まったくもって理解に苦しむ審判ですね。

ホンダは中国の国家知識産権局の決定を不服とし、北京の裁判所に取り消しを求め提訴する方針。そりゃ当然っす。

双環汽車側は「客を騙して販売していない。客はホンダと自社の違いがはっきり分かって購入している」と裁判すら気にしていない模様。
ホンダのCR-Vは販売価格が約二十五万元(1元=13円)であるのに対し、来宝S-RVは約十万元で故障もしやすい。安さ目的で車を購入するか、ブランドの信用度で高くても購入するか、客層は棲み分けができているという意見らしいですが、実際は来宝S-RVのエンブレム部分も偽造したホンダのマークに変えてはめ込む専門業者も存在しているらしいです(^^;; 

そう言えば、モーニングに連載中の「常務 島耕作」でも中国の意匠権問題が取り上げられてたなぁ・・・今後しばらく日本企業も苦労しそうですね。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-25 01:49 | 徒然
KISSが日本で初の野外LIVE!
e0025695_1792817.jpgあのウドー音楽事務所が主催の新たな夏のロックフェス 「ウドー・ミュージック・フェスティバル 2006」を東西で同時開催。
関東ではあのフジスピードウェイで開催し、2日で10万人を動員規模の野外LIVEを今後3年間開催予定らしい。

で、その第1弾アーティストに決まったのがキッス。9度目の来日にして初の野外ライブが実現。これまで消防法の制約の下、爆薬や花火の量を過度に抑える演出を余儀なくされてきたが、今回は欧米ツアー同様のド派手な演出が可能となる。
その他の出演は、サンタナやジェフ・ベックなど、最終的には国内外30組以上が出演予定らしい。

いや~懐かしいじゃないっすかぁ、最近はキャノンのEOS KISSのCMに出てますが(爆)
わたしが小学生にしてロックに目覚めたのは兄が聴いていたキッスの影響なので、いわばわたしのロック魂の原点なのでつ(^^;;
今でもむしょうに聴きたくなることがあり、懐かしのベスト版はいっつもクルマに積んであります。

今でも現役でがんばってるってとこがもう既に神のような存在っす(笑)
そんな神のようなキッス本来のド派手なLIVEは死ぬまでに是非1回は体験してみたいところですが、オッサンとしてはロックフェスはキビシイだろうと思うんよ。真夏の野外LIVEにそんな長い時間いたら死ぬかもしれん(汗)
頼むからキッス単独LIVEにしてくれ~(^^;;

しかしこの往年のロックスターのラインナップで若者達は盛り上がるんでしょうか(^^;;
真夏の野外ライブにオッサン達が大勢押し寄せて、死人が出たりしませんように・・・(汗)
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-24 17:11 | 徒然
10th Anniversary♪
すっかり報告を忘れておりましたが、我が620が先月の末、ついに10年を迎えました~♪
購入時には特段10年は乗ろう!なんて意気込んでた訳ではありませんから、これはもうはっきり言って自分でもビックリ、予想外の展開だったりする訳ですが(笑)
正直なところ、もう10年経っちゃったのかぁ・・・ってのが率直な気持ちですね。クルマは遅いけど、時 が経つのだけはメッチャ早いっす(爆)

10年乗れた大きな要因は、ただならぬ愛着でしょう。もうこの言葉に全て集約できると言っても過言ではないでつ。
まぁ、好きなクルマを購入した訳ですし、長年乗ってれば愛着が湧くのは当然なんですが、これだけ永い間飽きもせずに乗ってこれたのは、モディファイによって自分なりに納得のいく自分好みの600に仕立てられたってことが大きいですね。

愛着という点では、一般的には世話がかかる子ほどカワイイとか、壊れたところを苦労して直すうちに愛着が湧くってパターン は多いですが、600の場合は優等生なのでそんなエンスー的と言うか、M的要素で愛おしいと思ったことはありません(笑)
逆に600の場合は優等生だったってことが永く維持できたという重要なポイントでもあると思います。
とは言え、基本的なメンテや消耗品や部品は先手先手で交換しているので、それなりに手は掛かっているんですが、やはりどこへ行くにもトラブルを意識しないで出掛けられるって安心感は精神衛生上からも大きく貢献していると思いますね。

敢えてM的ってトコがあるとすれば、それはモディファイがそうですね(笑)
そもそもモディファイは自分好みに改造して楽しむ自己満足の世界ですので、人気車種を王道パターンでモディファイする方からわたしの様にパーツのないマイナー車種を苦労しながら自分流モディファイで楽しむというM的モディファイパターンまで様々です。
M的モディファイパターンは、完成度やクオリティなどを求める人には向きませんが、自分であれこれ考えて試行錯誤しながら作り上げていくというのは、ただ既製品を取り付けるのとは違った満足感が得られるってところが堪らなく楽しく、それが愛着度を倍増させているんでしょうね(笑)
また、機能パーツについては、アコード用が流用できる手軽さってのも魅力でしたね。さすがに機能パーツは自分でどうこう出来るわけではないですから。
と言うわけで、外装&内装の自己流モディファイと機能パーツの信頼性や手軽さという点がうまい具合にバランス良く楽しめたことが高い満足感に繋がって、買い替えを考えさせぬほどの愛着心を生んでいるのでしょう・・・
たぶん、モディファイ意欲がなくなった時が愛着が薄れた時となると思われますが、まだまだあれこれ600にはやりたいことがあるので(笑)まだしばらくは安泰でしょう。

ネオ・クラシックなクルマ目指してまだまだがんばりたいと思います。

e0025695_23402092.jpg

[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-22 23:42 | MY ROVER620
ドラえもん『のび太の恐竜2006』
今日は上の子と映画ドラえもん『のび太の恐竜2006』を観てきますた。
e0025695_145352.jpg
実はうちの子、映画館で映画を見るのは初めて。わたしも映画館は何年ぶりだろ(^^;;
数あるアニメ映画の中から自分でドラえもんを選んだわけですが、わたし的にもコナン君やワンピース、ケロロ軍曹などじゃなくって良かったと思っております(笑)
思っていたより上映時間が長かったのですが、飽きもせず見てくれていたので良かったです。
席が前から3番目だったので、ちょっと首が痛かったのと、相変わらずお尻が痛かった。ローバーのシートに慣れたわたしのお尻にあのシートに2時間はキビシイです(^^;;

さて、映画の内容ですが、TVのドラえもんはバカバカしいお話しで笑えるのですが、映画は感動巨編でびっくりしましたね(笑)なかなか話的にはシンプルでわかりやすく映像もきれいで迫力あったし、面白かったですね。
最近TVでもドラえもんはご無沙汰でしたので、新しい声のドラえもんに最初違和感でしたが、いつの間に違和感を感じなくなってました。
お馴染みののび太やジャイアンなどもTVアニメ版とは一味違った雰囲気で、映画の内容的にはピッタリだったかな。
セリフのない恐竜のピー助の声が神木隆之介クンだったとは・・・拘りを感じるねぇ(笑)

子供が初めて観る映画としては良い作品だったと思いましたね。予告でやってた「クレヨンしんちゃん」じゃなくって良かった(笑)
予告と言えば、新生「ガメラ」・・・ちょっと観たいかも
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-21 23:45 | 映画ウォッチン
F1第2戦、マレーシアGP決勝
F1第2戦、マレーシアGP決勝が終了しました。

予選グリッドの先頭にはアロンソもシューマッハもライコネンもいないという波乱を予感させるマレーシアGPがスタート。
蓋を開けてみれば、フィジケラのポールトゥウイン、そしてアロンソが2位に入り、ルノー24年ぶりの1,2フィニッシュを遂げて開幕2連勝。今季もルノー強しの予感(^^;;
今季初の表彰台でトップの期待がかかったホンダのバトンは惜しくもピット戦略で2位に座をアロンソにやられちゃいました。この辺の戦略もルノーの強さの一つでしょうね。とりあえず初表彰台ゲットですが、今後ピット戦略がホンダの鍵になりそうな感じ。
一方のバリチェロはまだ歯車がうまく回っていない様で、予選のエンジン交換に加え、ピットレーンスピード違反でペナルティまでもらい結果は10位という散々なレースになってしまいました。
そして今回エンジン交換で泣いたフェラーリ勢。決勝でエンジンが壊れないか心配でしたが、どうにか後方からの追い上げで、1ストップでがんばったマッサが5位、シューが6位。ポイントゲットはしたもののあまりパッとしない結果だったもは残念。次回に期待!
残念と言えば、マクラーレンのライコネン。またまた不運に巻き込まれオープニングラップでリタイア・・・いつまで続くのでしょう(汗)
そして、もはや2戦目にして表彰台か!?と期待されたウイリアムズの大型ルーキーのニコ・ロズベルグは残念ながらエンジンブローでリタイア。同じくウイリアムズのウェーバーもアロンソとの3番手争いで健闘しましたが、惜しくもマシントラブルでリタイア。今回は残念ながらウイリアムズはノーポイントといいトコなしで終わってしまいました。

スーパーアグリの琢磨はこの過酷なマレーシアGPで最下位の14位ながら今回も見事完走!しかも今回はトーロ・ロッソのリウッツィと抜きつ抜かれつの素晴らしいバトルも見せてくれました。これ以上の結果を今のスーパーアグリに要求するのは酷ではありますが、マシンのパフォーマンス以上の働きを見せる琢磨にミラクルを期待したいところです。
井出は残念ながら今回もリタイアになってしまいましたが次回は2台完走を目指してがんばって欲しいところです。

4位以降はモントーヤ、マッサ、ミハエル・シューマッハ、ビルヌーブ、ラルフと続き、それぞれポイントを獲得。
今季予想以上に不振のトヨタはラルフがやっとポイントゲット。

次回のオーストラリアGPで各チームどんな展開を見せるのか、そろそろフェラーリ、マクラーレンの反撃が見たいところです。

マレーシアGPの結果はこちら
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-20 14:03 | F1
F1マレーシアGP予選:エンジン交換に泣く・・・
先週に引き続き今週もF1GP開催。今日は第2戦マレーシアGPの予選が行われた。

マシンにもドライバーにも過酷なセパン・インターナショナル・サーキット。
波乱含みの予選の中でポールをゲットしたのは、ルノーのアロンソではなくジャンカルロ・フィジケラ。
2番手にはホンダのバトン。そして3番手には、なんと、ウイリアムズのロズベルグ!!やってくれますね~素晴らしい!
どうにかフェラーリのシューは4番手につけるもエンジン交換による10番手降格のペナルティにより14番手スタート(悲)
今回は過酷なサーキットってのもあって、エンジン交換によるペナルティの餌食になってしまったドライバーは5人。
フェラーリのシューとマッサ、ホンダのバリチェロ、トヨタのラルフ。そしてレッドブルのクルサードは前回のバーレンGPでチェッカー後にエンジン交換をしたとのことで10番手降格のペナルティとなり、予選結果とはだいぶ違ったスターティンググリッドになってますね。

バーレンでは完走を見せたスーパーアグリの琢磨そして井出は今回も最後尾のタイム。
ただ今回はエンジン交換組のおかげで最後尾スタートは免れました(^^;;
最後尾スタートは、エンジンを2回交換して20番手降格のマッサ(汗)21番手はラルフ、20番手はバリチェロ、19番手はクルサード。
その前の18番グリッドが井出、17番グリッドが琢磨という具合です。
って、ケツからスターティンググリッドを説明するのもめずらしいですね(笑)

トップ10としては、4番手にウイリアムズのウェーバーで2列目はウイリアムズが並び、5番手はマクラーレンのモントーヤ、6番手はライコネンとマクラーレンが3列目に並んだ。そしてルノーのアロンソはタイム奮わず7番手。8番手にレッドブルのクリエン、9番手にトヨタのトゥルーリ、10番手にザウバーのビルヌーブというグリッドになっております。

今回は後方に沈んでしまったフェラーリですが、前回のライコネンばりの追い上げに期待。
スーパーアグリは今回もサプライズを見せてくれるのか、非常に楽しみなレースになりそうです。

過酷なマレーシアGP、どんな波乱が待ち受けているのか、いよいよ明日、第2戦マレーシアGP決勝です。
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-18 23:18 | F1
卒園式
14日(火)は上の子の幼稚園の卒園式でした。
バカ親としては、息子の晴れ姿を見るために年度末で忙しい中、どうにか午前中だけ休みを取って行って来ました(^^;;
会場の座席表を見る限りでは、平日にもかかわらずほとんどのお父さんも参加されていたようでちょっと意外でした。

しかし早いもんですねぇ・・・この間入園式をしたと思ったらもう卒園式ですから。
幼稚園の行事や発表会などで見せる顔は普段とはまた違った一面が見れて、改めてこの子もしっかり成長してるんだと感慨に胸がいっぱいになったりするもんですが、さすがに卒園式となるとそれはもう最高潮にしみじみ感じる訳で、思わず入園した頃のことや今までのことを思い出して、感無量で思わずウルウルきちゃう訳ですね。
さすがにお父さんではあまりいませんが、お母さん方は皆ハンカチ片手に目頭を押さえている姿が多く見られました。
担任の先生も最後はほとんど号泣に近い状態で、そんな姿を見ると不思議なもんで、思わずこっちも目頭が熱くなったりして(^^;;
特に女性はその辺弱いですから、ついついもらい泣きしちゃったってお母さん方も多かったでしょうね。

それに引き換え園児達はいつも通り元気でメソメソしている子はほとんどいませんでしたね(笑)
女の子辺りは先生やお友達との別れが悲しくって一人が泣き出すと思わずみんなもらい泣きってお約束のパターンはまだ幼稚園では少ないようですね。
ちなみにうちの子に先生やお友達とお別れで寂しくない?って聞いてみたけど、ぜんぜん寂しくないよって予想通りのお答えでした(^^;;

4月からはもう小学生。
ランドセル背負って学校に通うってのはなんか未だに想像つきませんし、果たしてあんなんで大丈夫なんだろか?と少々不安になったりしますが、これは幼稚園に通う時も同じ気持ちでしたからねぇ。
子供は親が思っている以上に成長してますし、本人は親の心配を他所に意外とあっけらかんとしているかもしれません。

別れの後には出逢いがたくさん待ってますから新しい友達たくさん作って元気に登校して欲しいですね。


ガンバレ!優
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2006-03-15 23:54 | ファミリー
| ページトップ |