Top

Toshiの「ROVER600」と「OLYMPUS PEN」で綴る日々の徒然日記
by backyardgarage
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
謹賀新年!
at 2014-01-01 18:49
大船フラワーセンター
at 2013-07-21 15:07
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-14 01:35
「OLYMPUS PEN E..
at 2013-07-13 23:49
すっかりご無沙汰しております..
at 2013-06-16 03:14
タグ
(523)
(218)
(178)
(175)
(159)
(150)
(116)
(86)
(69)
(59)
(58)
(33)
(30)
(23)
(22)
(20)
(18)
(15)
(14)
(14)
(5)
(4)
(4)
(2)
(1)
(1)
以前の記事
2014年 01月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 09月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
カテゴリ
全体
徒然
MY ROVER620
ファミリー
F1
趣味
カーライフ
オフ・イベント
PHOTO日記
TVウォッチン
映画ウォッチン
ホビー
Music
格闘技
ダイエット
Dear MG MIDGET
記事ランキング
画像一覧
最新のトラックバック
’12 F1ブラジルGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アメリカGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1アブダビGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1インドGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1韓国GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1日本GP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1シンガポールGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1イタリアGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ベルギーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
’12 F1ハンガリーGP
from ぶっちゃけ…独り言?
フォロー中のブログ
まぁ,確かに,やっぱり,...
Rover 220 co...
湘南のJOHN LENN...
いいかげんな日記
対抗戦
♪digression♪
リンク
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
ブログジャンル
"Filmstrip1" Skin by Animal Skin
初詣~江の島
鎌倉八幡宮に初詣の後は、江ノ電にゆられて江の島へやってきました。

さすがに江の島もかなりの賑わい。
江の島の弁天さまへ初詣に来る人も多いようですね。
ちなみに江の島神社には三人の女神さまを祀っていて、それぞれに3つの宮があり、総称として「江島大神」と呼ぶそうです。
e0025695_134098.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

いつも江の島へ行くと展望台までなので、今回は久々にその先にある岩屋まで行くことに。
岩屋とは、長い歳月をかけて波が岩を削り取ってできた海食洞窟で、その昔に岩屋に神様を祀ったのが、江島神社の始まりで弘法大師や日蓮上人も修行したといわれる神聖な場所だったりするそうです。
洞窟の中は、奥行152mで富士山の氷穴に通じているといわれる第1岩屋と56mの龍神伝説の地といわれる第2岩屋からなっています。

まずは昭和の香りが漂うお土産屋さんの並ぶ参道を通って、江の島エスカー(所謂エスカレーター(^^;; ちなみに有料)を4つ乗り継いで頂上を目指します。
乗り継ぎ途中に辺津宮、弁財天、中津宮に寄ることができるので、ちょろっと参拝。

e0025695_16015.jpg弁財天にある龍宮(わだつみのみや)大神の銭洗いの泉の中に鎮座する白龍王さま。
黄金浄水で洗い清めた小銭を自龍王さまの前にある賽銭箱に投げ入れるのですが、さすがに子ども達には難しいかったようで・・・(゚_゚i)
まぁ、周りの大人達もかなり外してましたので、結構難易度高めではあるんですが、わたしは見事1発命中!

それを見た子ども達がもう1回やりたい!って、賽銭入れゲームじゃないですけど・・・(;´▽`A``

OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

池の中に小銭が入っているをよく見かけますが、ここの泉に大量に沈んでいる小銭はたぶん賽銭箱を外した賽銭たちなんでしょうね(^^;;

ちなみにいつの間に奥津宮の隣にも龍宮(わだつみのみや)大神が祀られていました。
岩を積み上げた祠の上に大きな龍が乗っているというなかなか迫力のある龍宮は、平成6年に作られた新しい名所だそうで、わたしも初めてだったので参拝してきました。
e0025695_111476.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

龍と言えば、第2岩屋の奥にも龍がいますが、何故にこれほど江の島に龍が祀られているかって言うと、
「江島縁起」に記された江ノ島の誕生にまつわる「天女と五頭龍の伝説」により、古来から江の島では、弁財天信仰と合わせて龍神信仰も盛んだったようです。
ちなみに「天女と五頭龍の伝説」とは、その音、海にすむ五頭を持つ邪悪な龍が、島に現れた天女に恋をし、改心の末に結ばれ、民衆を守る龍神となったという島の伝説だそうです。
小田急の片瀬江ノ島駅が竜宮城を模したデザインなのもなんか納得(;´▽`A``

そして、その天女が弁天さまですので、江ノ島の弁財天は縁結びのご利益もあり、むすびの樹には可愛らしいピンクの絵馬がいっぱい奉られてたり、おみくじも紅白だったりと、さすが七福神の紅一点、弁天さまって感じでしょうか(*´ェ`*)
e0025695_1135692.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

以前は、江の島神社は女の神様だからカップルで行くとやきもちを焼いて別れるなんてことも言われていましたが、今は「天女と五頭龍」の恋物語にちなんで造られた「龍恋の鐘」やバレンタイやクリスマスの展望灯台ライトアップなど、デートスポットとしてもすっかり定着してきた感じですね。
今回、「龍恋の鐘」は行きませんでしたが、是非今度カップルで行く機会があったら行ってみようかと(爆)

e0025695_1151893.jpgエスカーで頂上まで行き、展望台をスルーして反対側の急な階段を降りていくと、奥津宮や先ほど書いた龍宮大神、龍恋の鐘があり、さらに降りていくと稚児ヶ淵と呼ばれる岩場に出ます。神奈川の景勝50選にも指定されているほど夕陽が綺麗だそうですが、まだ時間が早かった上に生憎の曇り空だったのが少々残念(;´Д`A ```

OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

岩屋はその先にあり、入り口でチケットを買って入洞。
江の島ゆかりの資料や浮世絵、古地図などの展示ギャラリーを過ぎるといよいよ第1岩屋です。
岩屋の入り口では、暗いため、ひとりにひとつずつ蝋燭を貸してくれます。
普通だったら懐中電灯だったりするんでしょうけど、これがなかなか雰囲気を盛り上げてくれます。
「神秘の池」
e0025695_117167.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

もうかれこれ20年くらいぶりだったので、記憶が曖昧なんですが、なんか以前来た時より屋根や通路も手が加えられている感じ?
わたしの記憶ではもっといかにも洞窟って雰囲気だった気がするんですが・・・
でも、崩落の恐れがあって入窟が禁止されたのが昭和46らしいので、補強再開されてから来ているのは間違いないので、それほど変わってはいないはずなんですけどね・・・
e0025695_1203946.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

洞内のところどころにはかつて岩屋内に祀られていたさまざまな石像が置かれていて、突き当たりの柵の奥に寝婆石が祭られていて、その先は富士山の氷穴に通じているといわれています。
神秘大好きなわたし的にはそんな話を聞くと堪りません(^^;;

第1岩屋を戻り、第2岩屋へ向かう桟橋から亀石という亀が沖に向かって泳いでいる姿の石が見えるそうですが、もう潮が満ちていて見えませんでした(-。-;)
第2岩屋は天井が低いのでちょっと中腰で進まなければなりませんので、わたしのように背の高い人は大変かもしれません(爆死)
突き当りまで行くと、龍神様が鎮座しております。
e0025695_12338.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

が、以前わたしが見た龍神様とは違うようです・・・2代目でしょうか?以前の龍神様は金網があり、緑色でもうちょっと目がキュートな雰囲気だったんですが、この龍神様は結構カッコイイです。
確か、たまに雷光がピカピカして、ゴロゴロと大きな効果音を出す演出もあったんですが、それもなかったです。
もしかしてお正月だから自粛?それとも不評でやめにしたんでしょうかね?(;´▽`A``

いや~しかしこの洞窟が波の力によって自然にできたってのは、ホント神秘的です。
現在も第2岩屋の先に侵食進行中の洞窟もあるそうで、そのうち岩屋も3つの洞窟になるかもしれません。
まぁ、間違いなく、わたしらが生きているうちは無理でしょうけど・・・

ってことで、岩屋を出てからは岩場でしばらく遊んで、急な階段をフウフウ言いながら上がって戻ってきましたヾ(´ε`;)ゝ
江の島エスカーは上り専用なので、帰りは全て歩き・・・(>▽<;;
がんばってテクテク歩いていると多くのニャンコに出くわし、疲れを癒してくれます。
この日も行く先々でニャンコが気持ち良さそうに昼寝をしておりました。
e0025695_1294479.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

そんなこんなで、江の島入り口に戻って来た頃には、もうすっかり夕暮れ時になってましたが、やはり雲が多く夕陽を撮れなかったのが残念でした。
e0025695_1255144.jpg
OLYMPUS PEN Lite E-PL1「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm f3.5-5.6 L」

久々の鎌倉八幡宮&江の島の初詣でしたが、なかなか充実した一日になりました♪

どうか、今年もも良い一年でありますように・・・
[PR]
Top▲ | by backyardgarage | 2011-01-09 01:35 | 徒然
<< OLYMPUS PEN Lit... | ページトップ | 初詣~鎌倉・鶴岡八幡宮 >>